TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/16 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5269527 更新:2013年09月21日

音楽授業。このコマで、やんちゃ君をひきつける。


その曲で、一番イイところから歌えるようにする。

指示1:

「まねします。」
「♪すすめー。」

柚梨太郎作詞/作曲『少年少女冒険隊』の一部「すすめー」を、歌って聴かせまねさせる。
曲前半の終わりで、一番盛り上がるところだけを取り上げる。

【4度の跳躍音程をうまく歌えるようにするコツ】
横崎剛志先生 追試  『紙飛行機を飛ばす』
 「紙飛行機を飛ばします。」
 「構えて~。」
    紙飛行機を持って構え(格好だけ)、ぴゅーんと飛ばす格好をやってみせてまねさせる。
 「すすめー。」
    紙飛行機を飛ばす格好をしながら、すすめーと歌ってみせてまねさせる。
 「1メートル先に落としてみます。」
    紙飛行機を飛ばす格好をして、1メートル先に落とす恰好をしてみせてまねさせる。
 「すすめー。」
    1メートル先に落ちたように、飛行機を飛ばした手をだらりと落として見せる。
    子どもたちも、すすめ~とすぐに声を減衰させて歌う。
 このあと、2メートル先、5メートル先と、落とす先を延ばしていく。
 子どもたちは、落とす先が延びて行くほどに声を長く延ばして歌う。

「長さ1メートルの紙飛行機。」
   どっこいしょと掛け声をしながら、長い飛行機を構える格好をしてみせる。
「飛ばすよ。すすめー。」
   体全体を使って『ため』を作り(すす)、びゅんと声を押し出すように息のスピードを速めて(めー)歌ってみせてまねさせる。

    
    
   
  

歌いたくてたまらないのに、歌わせない。

指示2:

「『すすめー。』のところだけを歌います。」
「ほかは歌ってはいけません。」

歌詞を黒板に貼付する。
「すすめー」のところにマークをつけて、目立たせる。
曲をかけて、教師が歌ってみせる。
一緒に歌いだす子がいても、「歌ってはいけません。」と歌わせない。
「すすめー」のところだけを歌わせる。

説明1:

「上手に歌えました。」
 「すすめー」のところだけを歌ったことをほめる。

指示3:

「『すすめー』のところが来たら、立って歌います。」

変化のある繰り返しで、『すすめー』だけを集中して聴かせ歌わせる。
数回繰り返すうちに、他の部分も旋律を覚えて歌えるようになってきている。
歌いたくてうずうずしているが、他の部分はまだ歌わせない。

説明2:

「とっても上手です。」
「他のところも、歌えたら歌ってね。」

「すすめー」だけを歌う間、教師の範唱を聴いているので歌えるようになっている。
「やっと歌える。」という気持ちが勝っているので、難なく歌えてしまう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド