TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/18 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1143379 更新:2012年12月09日

長篠の戦い


種子島に鉄砲が伝わったのが1543年の夏。
それから半年もしない内に,種子島では6,000挺もの鉄砲が作られた。
鉄砲伝来から凡そ30年後。長篠の合戦が行われる。
ここで信長は三段構えの鉄砲一斉射撃を行ったとされる。
鉄砲の一斉射撃を行ったという記録は,これが史上初。
当時,世界一大量の鉄砲を保有する日本で,
世界最先端の戦法による合戦が行われたのである。
鉄砲による合戦は,戦国の世を早く終わらせるきっかけとなった。
後に続く江戸時代は,
世界でも稀に見る平和で豊かな世の中である。

一枚の写真を読み取ることから授業を構成する。
「何県か?」「季節はいつか?」「どちらの地形が攻めやすいか?」の発問は,
熊本の佐藤琢朗氏実践の追試である。(『TOSS向山型社会』№31収録)  

指示1:

(◆絵「長篠の戦い」提示)
この絵を見て,分かった事,気付いた事,思った事を,ノートに箇条書きで書いてごらんなさい。

指示2:

10個書いた人は,ノートを持ってきなさい。(板書させたいものに○をつけて褒め,板書させる。)

「鉄砲を撃っている人がいる。」
「弓矢を使っている人がいる。」
「いろんな模様の旗がある。」
「柵みたいなものがある。」
「槍を持っている人がいる。」

発問1:

季節はいつですか。

「春です。凸凹になっている丘みたいな所が緑色だからです。」
「春です。川の近くに草が生えていますが,未だそんなに成長していないからです。」

説明1:

正解は春。天正3年(1575年)の5月8日に行われた戦いです。

発問2:

川を挟んで陣を張っています。右と左,どちらの地形が有利ですか。

「右側が有利です。平地ではないので隠れて戦えます。」

説明2:

(●画像「古戦場跡」提示)戦いの跡地です。両軍の陣地は300m程しか離れていませんでした。

指示3:

教科書にも同じ写真が載っています。見付けてごらんなさい。

発問3:

何県で行われた戦いですか。

「愛知県です。教科書に長篠(愛知県)と書いてあります。」

指示4:

これは「長篠の戦い」の絵です。「長篠の戦い」言ってみなしょう。さんはい。

発問4:

誰と誰の戦いですか。

「織田信長と徳川家康の連合軍と武田軍の戦いです。」

説明3:

武田の騎馬隊は,当時日本最強と言われていました。

発問5:

どちらが勝ったのですか。

「信長軍です。」

発問6:

信長はどんな武器を使いましたか。

「鉄砲です。」  

説明4:

(●画像「鉄砲を撃っている写真」提示)
当時の鉄砲射撃を再現した写真です。今日は,この鉄砲について見ていきます。

発問7:

鉄砲を発明したのはどこの国だと思いますか。
a モンゴル   b 日本   c ポルトガル

 「ポルトガル?」

説明5:

(●画像「元軍との戦い」提示)この絵を覚えていますね。元寇です。鎌倉時代の頃,モンゴルは元と言いました。

発問8:

どんな武器を使っていますか。

「毒矢です。」
「てつはうです。」

説明6:

(●画像「てつはう」提示)
海底から引き揚げられた,当時のてつはうです。手榴弾のような兵器でした。
元は他にも弾を発射させる銅製の銃も開発していました。
ですから,正解はモンゴルです。火薬を使った兵器ですね。

説明7:

(●画像「勢力範囲を広げる元」提示)
元は鉄砲を使って領土を広げました。
その結果,ヨーロッパに鉄砲が伝わり,大きく改良されます。

説明8:

(●画像「世界を二分するポルトガルとスペイン」提示)
改良された鉄砲がポルトガル人によって,日本に伝わります。
ポルトガルはアフリカやアジアに勢力を広げていました。

説明9:

(●画像「ポルトガルから伝来した鉄砲」提示)
ポルトガルから伝来した鉄砲がこれです。火縄銃と言います。
言ってみましょう。さんはい。(「火縄銃」)種子島に伝わりました。

説明10:

1543年,島の殿様は鉄砲2挺を,2000両で買いました。

発問9:

殿様はこの鉄砲をどうしたでしょう。

「天下をとろうとしたと思います。」

説明11:

(●画像「鉄砲をつくる鍛冶職人」提示)
殿様はこの鉄砲を見本として,島の刀鍛冶職人に,同じような鉄砲を作らせました。

発問10:

(●画像「国産第一号の火縄銃」提示)
5か月後には,島で何挺位の鉄砲を作ったと思いますか。

説明12:

6,000挺の鉄砲を作ってしまったそうです。
鉄砲の作り方は日本各地に瞬く間に広がり,世界一多くの銃を持つ国になりました。

鉄砲の生産量については諸説ある。
慶長12年(1607年),南浦文之(なんぽぶんし)が記録した「鉄炮記」には,
「1年あまりのうちに数10挺の鉄砲ができあがった。」とある。
本授業では,西尾一・平光雄『教科書にない疑問にこたえる歴史資料集』(明治図書)に従った。

発問11:

しかし,この鉄砲には問題点がありました。どんな問題点でしょう。

「暴発して,味方がやられる事が多かったと思います。」
「一発撃つと,その又次に撃つ迄時間がかかり,その間に騎馬隊にやられと思います。」
「余り弾が良く飛ばなかったと思います。」
「命中率が低かったと思います。」

説明13:

当時,武田の騎馬隊の方が有利だと思われていました。

発問12:

信長軍は,どのような戦法で勝てたのでしょうか。

「大金をつかって3,000挺の鉄砲を用意して,次から次へと弾を撃ったと思います。」

説明14:

3,000挺の鉄砲。この鉄砲隊を3隊に分け,3隊を順番に切れ目なく撃たせたそうです。

上記戦法の真偽については諸説ある。
又,使用した鉄砲の数も1,000挺と記してある歴史書もある。
本授業では教科書や資料集の記述に従う事にした。

発問13:

このような三段構えの鉄砲一斉射撃を世界で初めて行ったのは,どこの国だと思いますか。(挙手させる。)
a モンゴル    b 日本     c ポルトガル

説明15:

日本です。織田信長が最初でした。
世界最先端の武器を使って,世界最先端の戦法で戦ったのが「長篠の戦い」でした。
天下統一は急ピッチで進みます。戦国の世を早く終わらせる結果となりました。

指示5:

今日のお勉強の感想をノートに書いておきなさい。
「信長」「鉄砲」「新しい戦い方」の三つのキーワードを使います。

発問14:

(●画像「徳川家康肖像」提示)
おまけの問いです。江戸時代になって,鉄砲の数は増えたでしょうか。減ったでしょうか。

指示6:

増えたと思う人。減ったと思う人。(挙手させる。)

説明16:

(●画像「江戸時代の武家屋敷」提示)
江戸時代の武家屋敷の写真です。
江戸時代は世界でも例のない平和で豊かな世の中でした。
ですから,鉄砲の数はどんどん減り,発展しませんでした。

発問15:

でも,鉄砲に関係するもので,唯一発展したものがあります。何でしょうか。

説明17:

(●絵「両国橋の花火の賑わい」提示)
火薬の技術です。これは花火へと発展しました。

授業用Webワークご希望の方へ
WEBワークご希望の方は,次の形式で本文を記入し, 小林 までメールをお願いします。

メールの件名【授業webワーク】
1 Webワークご希望の授業名
2 お名前
3 お電話番号
4 ご勤務先
5 メールアドレス
6 所属しているTOSSサークル,または参加しているTOSS関連ML
  (サークルやMLに参加されていない場合は,「サークル・ML不参加」とご記入ください。)

①データは,【宅ふぁいる便】で送ります。無償です。
②件名に【宅ふぁいる便】と記したメールが届きます。
③メールに記されている要領に従ってファイルをダウンロードして下さい。
④【宅ふぁいる便】を迷惑メールと間違えて削除してしまう方がよくいらっしゃいます。ご注意下さい。
⑤受け取り期間が限られています(メール受信後3日間)。早めのダウンロードをお勧め致します。
 (データ容量及び通信速度によっては,受信に数分かかることもあります)

※このWebワークは著作権の関係上,学校の教室内での使用にとどめて下さい。
※このWebワーク上にある画像の複写使用や二次配布等はご遠慮下さい。
※このWebワークを使用してのトラブルについて,作成者(小林)としては責任を負いません。ご了承下さい。
尚,Webワーク使用には無償のマクロメディアのフラッシュプレイヤー(無料)が必要です。
         ↓
http://www.adobe.com/shockwave/download/index.cgi?Lang=Japanese&P5_Language=Japanese&P1_Prod_Version=ShockwaveFlash&Lang=Japanese

〈参考資料〉
◆TOSS社会研究会事務局センター『TOSS向山型社会』№31収録の佐藤琢朗氏論文
◆西尾一・平光雄『教科書にない疑問にこたえる歴史資料集』(社会科教育別冊No.2:明治図書)
◆西尾一・平光雄『教科書が面白くなる“歴史モノ”なんでもデータ事典』社会科教育'96念8月号別冊:(明治図書)
◆有田和正『日本の歴史が10倍おもしろくなる』(旺文社)
◆清水馨八郎『侵略の世界史』(祥伝社)
◆国際日本文化研究センターの先生による授業 http://www.edu.city.kyoto.jp/hp/katsurazaka-s/98/gakusyu/nitibunken.htm
◆長篠の戦い http://www.ffortune.net/social/history/nihon-sen/nagasino.htm
◆宋代の文化 http://www.uraken.net/rekishi/reki-chu13.html


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド