TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/25 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1976545 更新:2012年12月09日

電気自動車はCO2削減に有効か?


電気自動車は様々なエコカーの中でも最もCO2を出さない。しかも、電気自動車I-MiEVの販売が決まり、本格的に走り始める。しかし、電気自動車に乗るだけでは、CO2を減らせるわけではない。なぜなら、発電所で電気を作る時点ですでにCO2がたくさん出ているからである。ならばどうすればよいのか。CO2削減のためには、電気自動車だけではなく、様々な側面から考えなければならない。

1 電気自動車の問題点

発問1:

CO2削減に向けて、環境によい自動車がたくさん開発されています。どんな自動車がありますか。

・電気自動車
・燃料電池自動車
・水素自動車
・ハイブリッドカー

発問2:

この4つの中では、一番CO2を出さないのはどれでしょう。(挙手)

発問3:

電気自動車です。電気自動車が初めて作られたのは、100年以上前。ガソリン自動車よりもはやくできました。しかし、普及することなく、現在に至っています。それは、電気自動車には、様々な問題点があったからです。何だと思いますか。

・価格が高い
・充電時間が長い
・長い距離を走れない

発問4:

1つは充電です。充電時間が長くかかるうえに、1回充電しても長い距離を走れませんでした。そして、値段が高い。外国で売られている電気自動車、いくらすると思いますか。

説明1:

1000万円以上します。日本の大学で作られたエリーカ。電池だけで2000万円するそうです。普及しなければ、CO2削減に役立つと言えませんね。

現在の電気自動車

発問5:

今、注目されているのが、I-MiEVという電気自動車です。家庭のコンセントで直接充電ができます。佐賀から福岡まで50km。どのくらい充電したらいいと思いますか。

発問6:

3.5時間です。1回充電すると、160km走ることができます。値段はいくらぐらいだと思いますか。

発問7:

250万円です。これなら、普及するかもしれないなあと思った人。(挙手)
普及すれば、CO2削減に役立ちそうですね

指示1:

しかし、自動車評論家の清水和夫さんが次のように言っています。読みなさい。 

・「CO2の視点では、原子力なしには、電気自動車は考えられない。」

説明2:

CO2削減には、電気自動車と原子力がどのような関係があるのでしょうか。考えていきましょう。

発問8:

実際に、電気自動車を使うとどのくらいCO2が減らせるのでしょうか。ガソリン車が1km200gCO2をだします。電気自動車はどのくらい出すと思いますか。

説明3:

50g。4分の1まで減らすことができると、一般的には、言われています。

3 電気自動車はCO2削減に役立つか

発問9:

しかし、自動車評論家の清水和夫さんは、「電気自動車を使ってもCO2が増加する」と言っています。なぜだと思いますか。画面を見て、考えなさい。

説明4:

走行中では出ませんが、充電する電気を作るときにCO2が出るんですね。   

発問10:

CO2を減らすためには、どの発電所で作った電気を使えばいいかが大切になってきます。どの発電所がいいですか。グラフから考えなさい。

発問11:

CO2を出さない原子力発電所で作られた電気を使えば、CO2は減りそうですね。しかし、原子力発電所だけの電気を主に使うということはできますか。できると思う人?できないと思う人?(挙手)

発問12:

これには、充電する時間が重要になってきます。いつ充電したらいいと思いますか。グラフから考えなさい。  

説明5:

原子力発電所の割合が高い、夜に充電するといいんですね。CO2削減のためには、電気自動車だけで考えるのではなくて、もっと全体を考えなくてはいけませんね。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド