TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/20 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6457925 更新:2012年12月09日

理科授業2〜3月の準備ポイント


新教育課程、理科授業今月の準備ポイント 【第六回=2~3月】

        このページはtossアンバランス福島の大堀真が作成しました

やっと終わった一年間。いや、ちょっと待て。理科主任には大事な仕事が残っている

【ポイント解説】

 2月のキーワードは、二つある。年度末整理と翌年度準備である。

 まずは、年度末整理である。
 自分の学年で、今年度使って消耗した薬品、材料、破損してしまった用具の補充をすることである。
 前年度末に、消耗品を補充しておくと、翌年度同学年を持つ人は大変助かる。
  ギリギリ、2月中なら今年度分の予算(余っていればの話であるが)が使える可能性が高い。今年度予算の残がないのなら、融通の効く業者であると、「翌年度 予算扱いで」ということで納入してくれる。 これで駄目だという地教委の場合は、「今年度中に発注。翌年度すぐに納品。注文書は翌年度扱い」というあたり が落とし所であろうか

 モノの準備はやはり理科授業の生命線なのである。

 もう一つは翌年度準備である。3から4年、5から6年への持ち上がりが慣例になっている地方では準備にゆとりができる。

 4月はとてもあわただしい。 とくに生物教材を扱おうとすると、適期はあっと言う間に過ぎていく。
 気温上昇に伴って生物はあっと言う間に変化してしまうのである。それと同時に、六年生の第一単元は、準備物が多い。春休みや、学期末のちょっとしたすき 間時間に物品の状況を調べ、今年度中に発注できるものは注文してしまうぐらいのスピードが必要である。新学期初めの慌ただしさの中で発注するとミスをしや すいからである。(業者だって、超・忙しいのだ) 
ドラマを生む向山型理科の展開(小3~中・高校) 向山型理科Q&A小事典 好評発売中。

 お求めはお近くの書店、または明治図書ホームページから。

Q1  2・3月、三年生の理科授業のための準備ポイントはなんですか? 

A1 ズバリ、キャベツの管理です。

【ミニ解説】
 次年度、三年生を担任することが内定している場合、あるいは理科専科で三年生も教えている場合チョウの食草を確保しておくことが大事である。
 教科書に載っているものではキャベツ。秋のうちに植えていなかった場合は、園芸店に行ってみよう。夏取りキャベツの苗が売られているかもしれない。菜の 花にもモンシロチョウは産卵はするので、、、温かい地方なら花菜の種をポットにまいて、教室内の暖かいところに置いておくと産卵してくれる程度には育つか もしれない。

 アゲハなら、校庭や学校周辺にカラタチ、ミカン、ユズ、キンカン、サンショウなどの木がないかさがしておこう。
 私は、給食にでたグレープフルーツの種を発芽させ、鉢植えにして育てている。これはとても便利で、アゲハチョウが通るところに置いておけば、勝手に産卵してくれる。 

★ 年度末の整理としては、棒温度計、虫メガネ、鏡などが破損して数が減っていたら、予算が許す範囲で補充しておくことが望ましい。今年度予算で補充できない場合は、その旨、次の三年生(理科主任)に申し送りをする。

Q2  2・3月、四年生の理科授業のための準備ポイントはなんですか?

A2 ズバリ、「観察に使える植物」「昆虫の観察ポイント」を学校周辺からさがしておくことです。

【ミニ解説】
 次年度、四年生を担任することが内定している場合、四季の変化を観察するポイントの設定が重要である。
 何しろ、一年間継続して観察するのであるから、学校から近い公園とか緑地などを探索し、落葉樹の有無、昆虫がいそうな場所などを事前に調査しておくことが望ましい。 
 地道なことではあるが、観察ポイントをきちんと事前調査していないと、一年間の学習の成否にかかわってくる。

★ 年度末の整理としては、燃料用アルコールの残量点検、アルコールランプの破損の有無の点検をし、予算が許す範囲で補充しておくことが望ましい。今年度予算で補充できない場合は、その旨、次の四年生(理科主任)に申し送りをする。

Q3  2・3月 五年生の理科授業のための準備ポイントはなんですか?

A3 ズバリ、「百葉箱の点検」と「メダカの準備」です。

【ミニ解説】
★ 次年度向けの準備としては二つあります。一つは百葉箱の点検です。学校には立派な百葉箱が設置されていることが多いのですが。日常、ほとんど使われて いないのも事実です。中の温度計が壊れていたり、温度計が入っていなかったり、自記温度計が入れっぱなしでほこりまみれになっていたり、おそらくほったら かしにされているはずです。
 使えるようにメンテナンスしておかなくてはなりません。
 ついでに自記温度計の動作を確認しておきましょう。子どもが測り忘れたときや、夜間・休日の記録は自記温度計が頼りになります。
★自記温度計のメンテナンスポイントは三つです。
①電池切れ(ネジ巻き式の物もあります)
②記録ペンのインクの補充(最近の物はペン先を交換するタイプです)
③温度のキャリブレーション。(20℃のときにちゃんと20℃を表示しているか。=記録アームのどこかにネジがあって、キャリブレーションができます)

★メダカの準備はいうまでもありません。メダカそのものと飼育装置の両方を含みます。
 とくに、、、理科主任がよほど手まめな人で無い限り、メダカの水槽は緑色になっていて、メダカは生きているのか死んでいるのか見えない!という状態になっている可能性があります。水槽掃除も大事な仕事です。私は一人で春休みに掃除をしていました。

 ここまでやっておけば、五年生の一学期は天気と発芽とメダカで大体終わりですから、、、大丈夫でしょう。

Q4  2・3月 六年生の理科授業のための準備ポイントはなんですか?

A4 ズバリ「ものの燃え方」の材料確保です 

【ミニ解説】

 六年生の第一単元は、やっかいです。何がやっかいかというと、学期初めの単元なのにやたらと物を使うのです。
 列挙します。これが準備されていれば、4月から5月中旬くらいまでは持ちます。とりあえず六年生の授業はスタートできます。とにかく、理科備品予算の購 入対象にならないような「身の回りの小物」がたくさんあり、これをどの予算で購入するか、そこまで段取りを考えておかなくてはなりません。

★グループ装備

・ 集気びん=底ありのもの250ミリリットル(500でもいいが、気体ボンベを大量に消費する)
・ 底無し集気びん=250ミリリットル。底無しびんは自分でカットして作るのも良いが、カット済の商品があるのでそれを使う方がずっといい。
・ 集気びんのふた =必ず割れるので、グループ数の二倍程度用意する。
・ 燃焼さじ。
・ 気体ボンベ=酸素、二酸化炭素はグループ数×2程度。窒素は教師用に二本程度あれば間に合う。
・ 丸形水槽
・ 100ミリリットルのビーカー
・ ストロー、マッチ、ろうそく、油粘土、スチールウール、木炭、線香、アルミホイル、割り箸など燃焼用の木材等
・ 燃えさし入れ用の空き缶(大堀は水羊羹の空き缶を愛用している。リングプルでふたがそっくり取れるので、切り口でけがをしないからである)

★ 気体検知管セット。昨年度から、気体検知管が教科書実験に取り上げられたため(それまでは「やってみよう」扱い)検知管メーカーに注文が殺到し、パニック状態になった。検知管は早めに発注することをおすすめする。  

★教師装備
 石灰水(石灰水は空気に触れる状態で長期保存したものは、うまく反応しないことがある。)
 最近では石灰水「作り置き用」の容器があるので、これを使うと、安心である。
 何しろ、石灰水は「沈殿」させるのに時間が必要だから、なくなったからといってすぐに補充することは不可能である。

 簡単にやりたいなら、2リットルのペットボトルを2~3本用意し、これに作り置きする。
 なくなったら、底に石灰が沈殿している間は水を足してよく攪拌するだけである。2時間も放っておけば使えるようになる。
 だいたい、一回の実験で2リットルあれば十分であるから、次の時間にすぐ別のクラスの授業があってもあわてなくて済む。
 4クラス規模の学校ならペットボトル4~5本作っておけば間に合うであろう。

 注意点は、使ったら必ず水を満タンにして、ふたを閉めておくことである。

- (C)TOSS Makoto Ohori All right reserved. - 

TOSS(登録商標第4324345号)、インターネットランド(登録商標4468327号)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド