TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/21 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2320378 更新:2012年12月09日

説明責任に答える学級通信の書き方 ポイント3


ポイント1「進歩を具体的な事実で表す」


・鍵盤ハーモニカでちょうちょうが上手にできたこと
・図工「先生の顔」でインターネット展覧会をやったこと
・登り棒ができたよ
・ドラえもんの手話歌ができたこと
・パソコンで名刺を作ることができたこと
・キラキラ星を英語で歌えたこと

【実際のクラス便りより】
いよいよ学期末です。
 私は漢字と計算は、子どもたちにきちんと身につけて欲しいと考えています。
 日々の授業でも、漢字と計算を繰り返し指導してきました。
 そして、本日、漢字計算大会が行われました。
 我がクラスの結果は、なんと漢字も計算も全員合格です!
 すべての子どもが九十点以上とることが出来ました。
  私は子ども達の日々の頑張りをうんと誉めました。

ポイント2「進歩を具体的な数字で表す」


・玉入れで最高三十個入ったこと
・五色百人一首を二十枚暗記したこと
・縄跳びが全員1分続けて跳べたこと

【実際のクラス便りより】
五色百人一首を朝の会を使ってやってきました。一番初めは二十首やるのに、十五分も時間がかかってしまいましたが、今ではなんと札を並べてから、片付けるまで、5分で終わってしまいます。子供達の記憶力は大変素晴らしく、五色百人一首の赤のカード二十枚をすべての子どもが暗記してしまいました。明日の参観日では、二十首全てを保護者の皆様の前でご披露したいと思います。

ポイント3「事実を描写し、価値付けすること」

【実際のクラス便りより】

(縄跳びを1分間続けて跳べるようになった子の描写です。)

(最初略)
「今日はこれで止めよう」
 と声をかけたのですが、その子から返って来る返事は
 「やだ!もう一回やる。」
でした。
 しかし、五回目・六回目・七回目でもできません。
 それどころか、タイムがどんどん落ちていきます。L
 さすがに疲れた表情をしているので、私は休憩をとらせました。
 約十分ほどたったでしょうか。
 その子が立ち上がりました。
 いつものように跳び始めます。
 「十秒・二十秒・三十秒・四十秒・・」
 このあたりから、大声援が起こり始めます。
 「五十秒・五十五秒・五十八秒・・・」
 周りのみんなも「がんばれ」の絶叫状態です。
 「五十九秒・六十秒!」
 ぐったりしたまま動かなかったその子を私はおんぶして、歓喜の叫びをあげながら走り回りました。汗と涙で2人ともぐちゃぐちゃでした。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド