TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/19 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4603643 更新:2013年09月09日

原則3 世のため人のためになることをしよう


TOSS道徳の理念

世のため人のためになることをしよう 1・2年生

「ちょっとだけボランティア」の日の授業です。

道路を渡るときにトラックの運転手がしてくれた対応を題材にした授業です。

手話に興味を持たせる実践です。

相手のことを思いやる行動の大切さを語りで伝えます。

幼い人や高齢者、友だちなど,身近にいる人に温かい心で接し,親切にしようとする心情を育てます。

点字について知る授業です。

進んで人に役立つ行動をする子どもたちが増えてきます。

教室のごみを進んで拾ったり.片づけをしたりすることの大切さを意識させる実践です。

世のため人のためになることをしよう 3・4年生

差別のない共生の精神で、皆が仲良く暮らせる平和を基本として考える江戸しぐさのよさを伝えていく授業である。

人を思いやる気持ちを考える授業です。

誰にもほめられない、誰にも気づかれないけど、いいことをすることの大切さを考える授業です。

進んでお手伝いなどをすることや人のために役立つという勤労観を考えさる授業です。

亀と自然を守る活動をしている人を知ることができる実践です。

身よりのない子ども達を育てるのに粉骨砕身した石井十次の生き方の授業。

「人の役に立つ」ということは、一生懸命に生きていることそのものであるということを学ぶ道徳授業。

世のため人のためになることをしよう 5・6年生

「江戸しぐさ」を通して相手のことを考えた行動を学びます。

自身を犠牲にして人の命を助けた思いを考える授業です。

ゴミ拾いをきっかけに人生が変わった青年荒川祐二さんの授業です。

体が不自由になっていくお年寄りとどのように接していくか考える授業です。

「自分のための勉強」から「世のため人のための勉強」へ意識改革をさせる授業。

91歳の現役医師、日野原重明さんの生き方から、「人の役に立つ生き方」を学ぶ道徳授業。

人のために働けるリーダーになってほしい。という願いをこめて、5年生の子どもたちに最後に行った授業です。

国際ボランティアに参加した中田厚仁さんの生き方から、人のために生きることの大切さを学ぶ授業です。

自分ができることをやろうという意識を育てるために考える授業です。

阪神大震災でボランティア活動に心血を注いだある方の生き方を通して、ボランティア精神を育てます。

自分たちの命を犠牲にして工事を完成させた薩摩藩の人たちの行為を将来の職業選択とからめて考えさせた授業。

本当に心のこもったお金こそ、「募金」にふさわしいという事を学ぶ授業です。

阪神大震災でボランティア活動に心血を注いだある方の生き方を通して、ボランティア精神を育てます。

「本間様には及びもないが、せめてなりたや殿様に。」 と言われた本間光丘が、公益の祖と呼ばれる所以を授業できます。

人の役に立つ生き方のすばらしさを感じとる授業です。

谷津干潟を復活させるべく、誹謗中傷に負けず、たった一人で掃除をし、最後には協力者を得て復活させた話である。

世のため人のためになることをしよう 中学生

相手のことを思うことの大切さを扱った力のある資料。

サッカーの長友選手(インテル)の生き方を例に挙げ、「利他」とはどういうものかを教える授業。

91歳の現役医師、日野原重明さんの生き方から、「人の役に立つ生き方」を学ぶ道徳授業。

復興は、20年先まで続く。その20年先の未来をリードする中学生に伝えたい授業です。

アルピニストで、山の清掃活動を展開している野口健さんの生き方から、環境保全のために行動するかっこよさを学ぶ授業です。

箱根駅伝で途中棄権、襷をつなげなかった悔しさを2年越しでチーム初のシード権獲得に導いた努力と仲間への思いを授業にしています。

中村文昭さんの生き方を通して、「人の役に立つ生き方っていいな」 と思える授業です。

公益の祖と呼ばれる本間光丘の授業です。

山崎直也くんの生き方から「人の役に立つ」ということは、一生懸命に生きていることそのものであるということを学ぶ道徳授業。

アンパンマンを通して生き方を学ぶ授業です。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド