TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/10/21 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1142012 更新:2012年12月08日

交通事故を防ぐ


*この授業で使った統計資料や写真類は非常に古いものです。授業にあたっては最新のものをご自身で準備ください。

1時間目

◆交通事故の写真を掲示する。

指示1:

この写真を見て思ったこと考えたことをノートに書きなさい。

 ・自転車が壊れている。
 ・ボンネットがへこんでいる。
 ・夜だから事故がおこったと思う。

発問1:

自転車に乗っていた人はどうなったでしょう。

説明1:

おばあさんが乗っていたこと、事故でまもなく亡くなってしまったことを説明した。

指示2:

事故の原因は何でしょう。写真の中から証拠を見つけなさい。

 ・夜だから見えにくかった。
 ・車の前を自転車が横切ろうとした。
 ・ボンネットがへこんでいるからスピードを出していた。
 ・雨が降っていて車がスリップした。

発問2:

フロントガラスのひびはなぜできたのでしょう。事故の様子を想像して簡単な図を書いてみなさい。

説明2:

ぶつかった瞬間、車の上に体がのりあげフロントガラスに頭をぶつけたことを説明し、自転車での事故ではこうなることが多いことを説明した。

発問3:

○小学校の近くでこんな事故は起こっているでしょうか。

2時間目

○小学校の近くで起こった事故(小学生)の地図を見せた。学校に保管してあった交通事故報告書をもとに作成したものである。

指示3:

この地図を見て思ったこと考えたことをノートに書きなさい。

  ・曲がり角(交差点で事故が多い)で事故が多い。
  ・大きな道路で事故が多い。
 この後、事故が3件も起こっている交差点の見学にいった。

指示4:

この場所で事故がよく起こる原因を考えなさい。

 ・交差点を通る車が多い。
 ・信号無視をする車がある。
 ・スピードを出す車がある。

3時間目

◆月別の交通事故件数のグラフを提示

発問4:

グラフの題名は何ですか。

・月別の交通事故件数

指示5:

グラフの横軸の数字を読みなさい。

指示6:

グラフの縦軸の数字を読みなさい。

指示7:

このグラフを見て思ったこと考えたことをノートに書きなさい。

 ・8月が交通事故が多いと思います。
 ・8月は夏休みなので事故が多いんだと思います。
 ・1月が少ないのは、寒いからだと思います。
 ・雪が降るので、あまり外へ出ないんだと思います。

発問5:

では今度は日曜日から土曜日までの中で一番事故が多いのはいつでしょう。

 ・日曜日

発問6:

では今度は時間別です。起きている時間、そうですね朝の6時ぐらいから、夜の9時までの中で一番事故が多いのいつでしょう。

 ・午後6時

4時間目

発問7:

○小学校の近くに、交通事故を防ぐためのものはありますか。

いくつぐらいあるか予想させた後、学校の回り交通安全のための施設を班ごとに調べさせた。

5時間目

指示8:

小学校の回りにある交通安全のための施設を、この画用紙に書きなさい。説明も簡単に書くこと。

指示9:

交通安全のために働いているお巡りさんと標識をくらべます。標識の方がお巡りさんより優れているところはどこですか。

 ・標識は、たくさんおける。
 ・標識は、一目で分かる。

発問8:

お巡りさんのほうが優れているのはどこですか。

 ・違反を注意できる。
 ・違反した人に罰金を払わせられる。

発問9:

お巡りさんと標識では、交通ルールを守らせるのにどちらが優れた働きをしますか。

6時間目

説明1 前の時間は、交通事故を防ぐための標識の役目を勉強しました。今日から、お巡りさんの仕事を勉強しましょう。

指示10:

警察の人はどんな仕事をしていますか。知っていることをすべてノートに書きなさい。

  ・どろぼうを捕まえる。
  ・交通整理をする

発問10:

福井南警察署で一番力をいれているのは、このうちのどれですか。

◇福井県警察運営努力目標を提示。
 交通事故を減らすことに力を入れていることを説明した。
 次に、福井南署内に掲示してあった交通事故発生状況を拡大コピーしたものを黒板に張り付けた。

発問11:

このような掲示板を張り付けているのはなぜですか。

 子どもたちは、前の年より事故を減らすためだと答えた。

指示11:

警察では交通事故を防ぐためにどんな努力をしていますか。教科書で調べノートに箇条書きしなさい。

  1交通整理
  2駐車違反の取り締まり
  3交通事故現場の調査
  4スピード違反の取り締まり
  5交通安全教室
  6交通安全をうったえる。

7時間目

◇教科書(東書)「じこが起きてからじこのしょり」までを見せた。

指示12:

この図を見て思ったこと考えたことをノートに書きなさい。

発問12:

110番通報があってから、パトカーが現場に到着するにはどれぐらいの時間がかかるでしょう。福井県で考えてください。

 予想を発表させると20分ぐらいが多かった。
 福井県のパトカーの現場への平均到着時間が5分39秒であることを知らせた。

発問13:

どのようにして5分程度でどこへでも到着できるようにしているのでしょう。

◇警察署の電話機の写真を提示。

説明3:

この電話は福井県庁にある交通司令室とつながっていて、110番通報の声が、そのまま警察署全体に聞こえるようになっています。警察署の人は、この電話の通報を聞いて現場に駆けつけるのです。

指示13:

警察署の見学で見たいこと、聞きたいことをノートに書きなさい。

8,9,10時間目

 警察署の方の話と子どもたちの質問
   ・警察の組織
   ・警察の活動全般
   ・交通事故を防ぐための働き
   ・南警察署の見学
 庁舎内見学
 パトカー見学

11時間

◇Aコープ前の交差点で働いている交通指導員の写真を提示

指示14:

この写真を見て思ったこと考えたことをノートに書きなさい。

発問14:

この写真はいつ撮ったものですか。

 子どもたちは、車の通る多い夕方だろうと答えた。

説明4:

5時30分頃、Aコープ社店の前で交通整理をしている様子です。お巡りさんではなく、交通指導員です。交通指導員は、警察と違い、普通の仕事をもっている人で、福井市の交通安全協会から依頼された人です。

以下のような発問を出していき、指導員への疑問を持たせた。

①警察の人が仕事をしているのに、なぜ指導員の人が必要なのでしょうか。
②交通指導員の制服は、警察の制服と同じですか。 (同じ)
③交通指導員は交通違反をした人を逮捕できますか。  (できない)」
④交通指導員は、給料をもらっていますか。 (もらっていない 。わずかな謝礼のみである)

12時間目

 交通指導員さんの話を聞く

13時間目

指示1 このグラフを見て思ったこと考えたことをノートに書きなさい。

 ・交通事故が増えている。

発問15:

今から10年後、君たちが大人になったとき、交通事故は減っているでしょうか。増えているでしょうか。

発問16:

交通事故を減らすために一番努力しなくてはならないのはだれですか。

 まとめの作文を書かせる


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド