TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/18 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1555023 更新:2013年09月09日

長さのたんい(東京書籍2上)第1時


2012年6月4日(月)2校時

【P.36・37】

1.予想させる

直線をゆびでなぞらせる活動をした後、
どの直線が一番長いか予想させた。

【P.38】

2.☆1

同じ○アの直線をブロックとクリップで何個分であるかを
扱っている挿絵がある。
教科書の流れ通り進める。
ここまでは一切混乱なし。

わざと間違えるパーツを入れる。

発問1:

同じ○アの長さをはかりました。
ブロックではかると、6個分と少し。
クリップだと、4個分。
同じ長さというのは嘘だ。
ブロックで測ったものの方が長いんだよな?

全員が首を振る。

指示1:

先生が納得いくようにお隣同士で説明してごらん

そして、全員で確認する。
低学年にはもってこいの授業パーツだ。

【P.39】

3.□2

㎝の導入。
指書き、なぞり書きの順で書かせていく。

その下の紙定規のイラストを使って、問題を7~8問出した。
詳しい説明はほとんどなし。
次々に問題を出していく感じ。

4.旗1

正しいものはどれか選ばせる。
全員で確認。
どうして、他の2つはダメなのかをお隣同士で説明させ合う。

5.紙ものさしの準備

一時に一事で確認しながら作成させた。

6.旗2

指示2:

○アができたら持ってらっしゃい

□2で練習済み。
ここは子どもたちに乗り越えさせたかったので、こんな展開にした。

【P.40】

7.旗3

この問題も突き放す。

8.旗4

みんなで実際にやってみる。
5㎝もやった。

【あかねこ計算スキル】

9.スキル19

全員満点


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド