TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/05/30 現在)

21420
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4305580 更新:2012年12月05日

かむことは肥満を防ぐ


かむことは、肥満を防ぐ

作成者:関澤 陽子(TOSS群馬アクティブ)

かむことで、肥満を防ぐ~ヒミコノハガイーゼの「ヒ」の学習~

4年生の総合的な学習の「かみかみパワーのひみつ」という
単元の導入の授業である。
課題設定のための情報を蓄積させるために行った。

(このほかにも、「ハ」歯にいい、「ノ」脳にいい、
「イー」胃腸快調、「ゼ」全力投球など簡単な情報を
伝える授業も行った。)

スマートボードに映しながら行った。
下の図の書いてあるワークシートを配り、説明した

説明1:

下の図は、食べ物のかみごたえ度を表しています。
たくさんかむものほど、数が大きくなっています。

1

発問1:

ゼリー、ステーキ、食パン、もち、生ニンジンは、
四角のどこに入るでしょうか?予想して書き込みましょう。
書けたら、理由も考えましょう。

この発問は、簡単かと思われたが、10の枠に
何が入るかで、討論になった。

ステーキと生ニンジンともちの3つの意見に分かれた。
主な理由は、次のようである。
・もちは、粘るのでたくさんかむ。
・ステーキは、堅くてかみ切れないので、たくさんかむ。
・ニンジンは、生だと堅いのでたくさんかむ。
などである。

説明2:

かみごたえ度10は、生ニンジン
          9は、ステーキ
          7は、もち
          3は、食パン
          1は、ゼリーである。
このように、食べ物によって、かみごたえが違います。

答えを発表したあと、次のように発問した。

発問2:

かむ回数とおなかがいっぱいだと感じることとは、
どんな関係があるのだろう?次のグラフを見て考え
分かったことを書きましょう。

2

主な発表
・あまりかまないとたくさん食べてしまう。
・あまりかまない方が、食べたおにぎりの量が多い。
・たくさんかんだ方が、おにぎりが少ない。
・たくさんかんだほうが、食べすぎない。

さらに、少ない量で満腹になるのだと
分かる実験をしている動画を見せる。(少し難しい。)
(動画の内容:おなかがいっぱいと感じるのは、
 血糖値といって、血の中に含まれる糖が多くなると
 おなかいっぱいと感じる。しかし、早食いをすると、
 血糖値が上がって、おなかいっぱいと感じる前に
 さらに、食べてしまい食べ過ぎとなる。)

発問3:

では、かむ回数を多くするには、どんな方法があるのでしょう?

・かむことを意識して、たくさんかみながら食べる。
・かみごたえのある食べ物を食べるようにする。
・早食いをしないようにする。
・かむ回数を数えながら食べる。
・柔らかいものばかり食べない。

指示1:

自分の食事の仕方をふりかえり、
今日の授業の感想を書きましょう。

主な感想
・早食いをすると、食べ過ぎてしまうことがわかった。
・かみごたえのある物をしっかり食べようと思う。
・急いでいても、時間をかけて食べた方がいいと思った。
・かむことで、食べ過ぎを防ぐことができるんだとわかった。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド