TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/21 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7365499 更新:2013年08月26日

酒井式一版多色版画「馬跳び」


シナリオ「馬とび」(原実践・酒井臣吾先生/酒井式描画指導法4<明治図書>に所収)を下絵に4年生が初めての一版多色版画に取り組んだ。

1.馬になる友達を描く(45分)

 描く順は顔(ナナメの鼻→口→目→眉→顔全体)、足、手、胴体とすすみ、最後につなぐ。
 手は膝に置いていても、床についていてもよい。

37
38

2.跳んでいる自分を描く(45分)

 友達の背に置いている自分の手から描く。
 紙を逆さにして実際に手を置かせると、両手の親指が向かい合っていることが体感できる。
 手の次は足、顔(鼻はナナメ)、体、手足をつなぐの順に描く。足は水平にそろわないよう指導する。

39
40
41
42

3.下絵をうつす(45分)

 下絵が大きすぎる(小さ過ぎる)場合は縮小(拡大)コピーをしておく。
 下絵の中で一番よいところをよい角度にして版木にうつす。うつし終わったら墨(太いマジックでもよい)でなぞらせる。

4.線を彫る (90分)

 まずは板の裏を使って、彫刻刀の練習をする。彫る時には、かすが「ちりめんじゃこ」の様になるよう、指導する。

5.彩色しながら刷る (180分) 

 着色は、試しとしてはじめあまり大事じゃないところからはじめる。
 絵の具には必ず白を混ぜて着色する。絵の具の濃さはマヨネーズの濃さ。
 ちょっと塗ってはすぐに刷る。

43

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド