TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/20 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2802221 更新:2013年08月25日

「 光・日食 」 (中学1年)理科


「 光・日食 」 (中学1年)理科

~ 2009年7月12日 関西フレッシュライセンスセミナー D表検定指導案 ~

近づく日食に興味を待たせ、夏休み中でもあるのでぜひ、観察させたい。
そのためには興味付けをしっかりして記憶にとどめるぐらいに授業をして、この機会に宇宙や天体に興味を持ってもらう。
次の日食は日本では26年後だから。

1, 新指導要領  中学校理科 教科の目標 

自然の事物・現象に進んでかかわり、目的意識をもって観察、実験などを行い、
科学的に探求する能力の基礎と態度を育てるとともに自然の事物・現象についての理解を深め、科学的な見方や考え方を養う。

とある。
この光の学習のところでは生徒の知的好奇心を育て、体験の大切さや日常生活や社会における科学の有用性を実感させる意味からも「自然の事物・現象に進んでかかわり」普段の何気ない生活の中にも科学があるのだということを実感させたい。

2, 新指導要領

1、 身近な物理現象
 身近な事物・現象についての観察、実験を通して光や音の規則性、力の性質について理解させるとともに、
 これらの事物・現象を日常生活や社会と関連付けて科学的にみる見方や考え方を養う。

その解説では、小学校では、第3学年で「光の性質」について学習している。(中略)
ここでは、光や音、力など日常生活と関連した身近な事物・現象に関する観察、実験を行い、結果を分析して解釈し、それらの規則性などをみいださせるとともに、身近な物理現象に対する生徒の興味・関心を高め、日常生活や社会で見られる身近な現象やこれらの活用と関連付けて、科学的に見る見方や考え方を養うことが主なねらいである。その際、レポートの作成や発表を適宜行わせ、思考力、表現力などを育成する。
なお、身近な物理現象の学習に当たっては、
例えば、簡単なカメラや楽器などのものづくりを取り入れ、原理や仕組みの理解を深めさせ、興味・関心を高めさせることが考えられる。

ア、光と音
(ア) 光の反射・屈折
   光の反射や、屈折の実験を行い、光が水やガラスなどの物質の境界面で反射、屈折するときの規則性を見出すこと。
(イ) 凸レンズの働き
   凸レンズの働きについての実験を行い、物体の位置と像の位置及び像の大きさの関係を見出すこと。 (以下省略) 

内容の取り扱い

ア、 実像と虚像を扱う。アの(ア)については、全反射も扱うこと。また、光の屈折で入射角と屈折角の定性的な関係にも触れること。
イ、 アの(イ)については、光源の位置と像の位置、像の大きさの定性的な関係を調べること。その際、実像と虚像を扱うこと。(以下省略)

ア、(省略)
イ、凸レンズの働きについて

ここでは、物体と凸レンズの距離を変え、実像や虚像ができる条件を調べさせ、
像の位置や大きさ、像の向きについての規則性を定性的に見出させることがねらいである。
はじめに、凸レンズに平行光線を当て、焦点は光が集まる点であることを理解させる。
次に、物体、凸レンズ、スクリーンの位置をいろいろ調節して、スクリーンに実像を結ばせ、凸レンズと物体、凸レンズとスクリーンの距離や像の大きさ、像の向きの関係をとらえさせる。
また、物体を凸レンズと焦点の間に置き、凸レンズを通して物体を見ると拡大した虚像が見えることを見出させる。
その際、例えば、眼鏡やカメラなど光の性質やレンズの働きを応用した身の回りの道具や機器などを取り上げ日常生活や社会と関連付けて理解できるようにする。(省略)

3, 単元構成

1、 ものの見え方と光。光の反射(2時間)
2、 光の不思議を体験してみよう(1時間)
3、 光の性質(屈折・全反射)(1時間)
4、 凸レンズの働き(焦点と焦点距離)(2時間)
5、 凸レンズによってできる像(2時間)(本時はこの応用)

普段、あまり感じることのない木漏れ日の光源を知る。
世界天文年と合わせて7月22日の日本での日食と関連づけて、興味を引く授業をする

4, 授業の流れ

発問1:

紙です。星型の穴です。光を当てて影を見たらどんな形ですか。

(☆)

指示1:

先生の方を見ます。黄色の紙を置き、茶色の紙を垂直に立て、自分の方にゆっくり倒していきます。では実験です。 

発問2:

何が写りましたか。

発問3:

黄色の紙を置き、今度は緑の紙です。三角の穴が開いています。垂直に立て、自分のほうにゆっくり倒していきます。何が写りましたか。

発問4:

穴の形ではなく、何が写っているのですか。

(蛍光灯)

指示2:

蛍光灯のように自分で光を出しているものを光源と言います。光源。さんはい。

発問5:

この会場の天井は高いので光源を変えるのは難しいです。家で写真を撮ってきました。蛍光灯にこの紙を貼って星型の光源を作りました。 では、光源が星だと、写る影はどんなふうになるかな。

(星☆)

発問6:

光源がハートだと、写る影は?

(ハート)

発問7:

光源が十字だと、写る影は?

(十字)

発問8:

穴の形ではなく、何が写っているのですか。

(光源)

発問9:

では穴あきお玉を黄色の紙の上にくっつけて1cmぐらいはなしましょう。どのように写りましたか。

(いっぱい、蛍光灯がうつる)

発問10:

木漏れ日です。(画像を見せる)どんな形をしていますか。

(○丸)

発問11:

木漏れ日の光源は何ですか。

(太陽です。光源が丸いので木漏れ日も丸いのです。)

これも太陽の木漏れ日の写真です。どんな時の木漏れ日ですか。

(日食のときの木漏れ日です。太陽が月に隠される現象です。)

発問12:

今年7月22日、後10日で、日本で日食が見られます。 (画像を見せる)
日食とは太陽が月に隠され、欠けて見える現象です。光源の太陽は丸いですか。欠けますか。

(欠けます)

指示3:

今度日本で日食があるのは26年後です。先生も上海まで見に行きます。今年がチャンスです。大阪では86%欠けます。読みます。

① まさに10日後
② 9:47から12:25
③ 食の最大は11:05
④ 日食めがねとお玉をもってGO!!
⑤ 肉眼やサングラス、下敷きでは目を痛めます。注意!!

(その日が晴れますように。) 

《参 考》

学習新指導要領、学習新指導要領解説
日食の観察・・宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙教育センターのチラシ
カラーブック理科資料(東京法令出版)p141
カラーアルバム星空の四季(藤井旭著、誠文堂新光社)p102.からp107
教科書、新しい科学2下p83(東京書籍)教科書、理科1分野上p16から19(啓林館)
宇宙セミナーでの話、小森先生の話


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド