TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/19 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2348804 更新:2013年08月25日

いじめは犯罪である〜わたしのいもうと〜


「わたしのいもうと」(偕成社)を使い,法の視点からいじめを検討させる授業である。。河田孝文氏の学級通信『MAXIMUM』156号~161号までを参考に組み立てた。(C)TOSS福井

○準備するもの
  ①松谷みよ子さんの絵本「わたしのいもうと」(偕成社)
  ②いじめに関する法律・法規から 刑法119条・201条・202条・203条・204条・205条・208条・222条・223条・230条・231条・235条・  236条・249条・261条をプリントしたもの
  ③絵本「わたしのいもうと」全文のプリント(児童用) 

○授業のねらい   法という視点で,いじめ問題を検討する

河田氏は,学級通信『MAXIMUM156号』でこう書いている。

・・・読み聞かせるだけで,子ども達はシーンとします。いじめの悲惨さ理不尽さが読者の心をわしづかみにするからです。私たちの情に訴えます。この資料を通して,いじめについてもう一歩突っ込んで考えさせました。『社会のルール』という視点からいじめについて検討させました。

 「わたしのいもうと」を,法という視点で子どもたちに検討させている。今いじめ問題は,心情に訴えかけるだけでは解決できない.
ところまできている。様々な視点からいじめについて子どもたちに考えさせ,抑止していかなければならないと考えこの授業をつくった。指導主事訪問の授業として行ったが,とても子どもたちの話し合いが盛り上がり白熱した。
参観された指導主事からは,「法の視点から組み立て脳科学にまで及んだ授業で,陪審員制度にもつながる授業だ」とご高評をいただいた。
○授業 
前時に「わたしのいもうと」を読み聞かせしておく。絵本「わたしのいもうと」全文のプリントを渡しておく。 

発問1:

「わたしのいもうと」は」死にました。いじめた子は,どうなりましたか。

・高校生になり,元気に学校に通っている。

発問2:

いじめた子はどうするべきですか。

・その子に謝るべき。
・お母さんやお姉さんに謝るべき
・2度としないようにするべき

発問3:

いじめた子は,高校生になり元気に学校に通っています。
もし,この子達を罰するとしたら,どんな行為が罪になると思いますか。
行為に線を引きましょう。

「わたしのいもうと」のプリントの文に線を引かせた。

 ・言葉がおかしいとわらわれ
 ・跳び箱ができないとわらわれ
 ・クラスのはじさらしとののしられ
 ・くさいぶたといわれ
 ・きゅうしょくをくばるとうけとってくれない
 ・つねられたあざがたくさんある
 ・だれひとり口をきいてくれなくなった
 ※刑法のプリントを分ける。

発問4:

これらの行為がどんな罪になるかいじめに関係する法律・法規から刑法の一部を読んでみましょう。
先生が,第○条と言ったら皆さんは罪を読みます。

 ※この部分が一番どうするか悩んだところである。罪の説明を一言でした。
     第199条: 殺人罪      人を殺したら罪
     第204条: 傷害罪      けがをさせたら罪
     第205条: 傷害致死罪    けがをさせて殺してしまったら罪 
     第208条: 暴行罪      けがをしなくても暴力をふるったら罪
     第222条: 脅迫罪      脅したら罪
     第230条: 名誉毀損罪   名誉を傷つけたら罪
     第231条: 侮辱罪      侮辱したら罪       

発問5:

資料を見て,どんな行為がどんな罪になるか調べて書きましょう。

・傷害罪 妹の身体につねったあざがあったから
・暴行罪 つねった後があったから 
・殺人罪 いじめで死んでしまったから
・侮辱罪 「ぶた」とか「はじさらし」とか侮辱したから
・名誉毀損罪 言葉がおかしいと笑った,跳び箱ができないといじめたから

発問6:

これらのことから,いじめはなんだといえますか。漢字二文字。

・犯罪

発問7:

いじめが,傷害罪だとすると一番傷つけているところはどこですか。

・心
・脳

発問8:

これは何の写真だと思いますか。(脳の断層写真)

・脳

説明1:

深刻ないじめを受けた少女の脳です。
東北大学名誉教授の松沢大樹先生が調べたところによると,深刻ないじめを受けて来院した子どもの脳にはすべて傷があったそうです。場所は扁桃核というところです。ここに傷がつくと生きる力がなくなってしまうのです。

説明2:

罪には,大まかに二つの罰があります。
一つは,懲役・禁錮・拘留などの牢獄にはいる罰です。もう一つは,罰金・科料などの,お金を払う罰です。
   

発問9:

いじめた人に,責任をとらせるとしたら,どちらの罰がよいですか。

・牢獄に入る
 お金では解決したことにならないから。
・お金
 お金を払って,自由になりいじめた人を救うようになった方がよいから
※ここで,大変話し合いが白熱した。

発問10:

いじめは犯罪です。子どもなら,許されますか。 罪の重さは,□□に関係ありません。 
□に何が入りますか。

・年齢

指示1:

指示 今日の授業の感想を,書きましょう。

○子どもの感想
 ぼくは,今回の授業はこれからの自分のためにもなると思いました。なぜなら,中学校や高校へ行ったときこんな『わたしのいもうと』みたいな事件を二度と起こしてはならないからです。もしいじめたら償いきれないほどの罪や罰があるし何より家族がかわいそうだからです。(中略)今回の授業はいじめがテーマでした。いい討論になってよかったです。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド