TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/19 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3686665 更新:2013年08月25日

中学年理科の観察記録の指導② 細かいところまでこだわって絵を描かせる


観察時間は限られているので、急いで描かせると、いい加減で雑な絵を描いて終わることになる。
一度、雑な絵を描くことを許容してしまうと、その後もいい加減な観察を行うこととなる。
その時間に何をどこまでさせるのかを決めて、明確に指示を出し、丁寧に取り組ませることがポイントである。

直写させる(45分)

実物を見ながらスケッチをするのは、非常に難しい。
子どもたちは、実物を前にしても、自分のもつ概念やイメージで絵を描いてしまう。
そこで、最初は直写させることがお勧めである。

準備物

・直写させるもの(教科書の写真や絵など)※小さい場合は、拡大コピーをしておく。
・トレーシングペーパー(TOSS直写ノートがお勧め)
・色鉛筆

指示1:

絵の上にトレーシングペーパーを重ねて、鉛筆でなぞります。
はみ出さないように、じっくり丁寧に線を描くのですよ。
(終わった子が出始めたら)
トレーシングペーパーに描いた絵とお手本の絵を比べてごらんなさい。
足りないところは書き足します。できた人から、色鉛筆で丁寧に色を塗ります。

説明1:

理科の観察で絵を描くときには、こうやって丁寧に描きます。
時間までに色が塗れなくても大丈夫。みんな丁寧になぞれたので合格です。
どうしても塗りたい人は、休み時間や家で塗ってもいいですよ。

誰でもきれいに描くことができるので、成功体験を積ませることができる。
「きれいに描けた」という経験が、観察カードの絵を描くときのこだわりになっていく。

部分から描かせる(45分)

実物を見ながらスケッチをさせる時には、その時間に観察させることを絞ることがポイントである。
教師が指定した部分が描けたら合格ということにすれば、じっくりと時間をかけている子も合格できる。

準備物

・観察するもの ・虫めがね ・定規 ・色鉛筆

指示2:

(チューリップの花の観察の授業)
チューリップの花を観察して絵を描きます。花びら1枚だけをよく見て、形やすじなどを丁寧に描くのですよ。
できたら、先生に見せに来ます。

花びら1枚だけに限定するので、形やもようや色など、じっくりこだわって描かせることができる。
「じっくり描くんだよ。花びらの先が少しぎざぎざしているのを見つけたね。すごい」などと声をかけて回る。
丁寧に描いてあれば、全員合格である。
早く描いてしまう子には、個別指導(手を持って描いてあげるなど)をする。

指示3:

1枚目の花びらが合格した人は、その隣の花びら、また隣の花びらという風に、1枚ずつ丁寧に描いていきます。

1枚目を真剣に描かせると、その後は、丁寧に進めることができる。
1枚だけ描いて終わってもいいし、描ける子は茎や花びらまで描いてもよい。
集中力がもたない子は、雑になりそうになったときに、休憩させる方法もある。(教師は、絶対に雑に描かせない気概を持つ)

説明2:

チューリップの花びらの絵が、全員合格しました。とてもすばらしかったです。
続きが描きたい人は、休み時間に描いてもいいです。

「丁寧に描かせる」「全員合格」がキーワードである。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド