TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/16 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1231067 更新:2012年12月05日

子どもらしい声を出させる方法


子どもらしい声を出させる方法

                                        TOSSアンバランス福島 三瓶まゆみ

これは第2巻p377,宮澤傳二先生の論文の紹介である。

1 声量をふやす

低学年では声をはっきり出して,楽しい表情で歌えることがまず第一である。
教室では声が出ているように思えても,体育館などで歌ってみると以外と声量のないことがある。

その時どうするか。

指示1:

むこうの校舎までとどく声で歌いましょう。

けっしておこってはいけない。ほめること。
また,「今,まどのとこまでいったよ。もう少し」とはげます。

また,絶対どなった声を出させないこと。
これはきびしく注意する。

声が出ていないのだから,出せる,出るという体験をさせる。
これがまず必要なことである。

指示2:

「ア――――」といって,できるだけ声をのばしましょう。

このときも「教室中,声をいっぱいにしましょう」と言う。
大きな声,声量の感覚をつかませるために行う。

(ラ)
Aの音で行うとよい。声がそろいやすいのである。

注意すること:のどのつまった声を出させない
         どならない
         口形に気をつける

ほかにも姿勢などいろいろ言いたくなるが一度にいろいろ言わない。 

声がスーとまっすぐにさせると言うことに気を配る。

こればかりやっていると,すぐにあきるので次のようにすると少しはよい。
場面1 全員で
   2 男子で
   3 女子で
   4 全員で
   5 向かい合って
   6 まどに向かって
など工夫すると10回やっても2年生でも集中してできる。

2 声をそろえる

学級の子の声をできるだけそろえるため,次のような練習をする。

指示3:

「ア――――」といって,できるだけ声をのばしましょう。

このとき,次のように問いかける。

発問1:

友達の声が聞こえましたか。

こう問うことによって自分以外の友達の声に意識しはじめる。
つまり耳をつかいはじめるのである。

次にこの意識を大事にしつつ,次の活動をする。

1音ずつ音を上げて,歌っていく。

よくある練習であるが次のことに気を配る。
1 一曲全部は歌わない。
  「さいた さいた チューリップのはなが-」ここで終わりににする。
  すると,ダレがない。
2 「・・・・はなが-」と最後をのばして歌わせる。
  そして「そろったね。いいよ」と評価していく。
  そろわなくても「ダメ,もう一度」とは言わない。
3 トンボのめがねの最後の「とーんだからー」ここだけを歌うのもよい。
  最後がアの音になるとそろえやすい。
  口形を見るにも見やすい。
  音を上げていくと,「もう声がでないよー」と言う子が必ずでてくる。
  そしてそういう子は音を下げて歌ったり,歌わなかったりする。

  そういう場合は次のようにする。
1 うら声のような声でいいから出すように言う。
  出せたらほめる。
2 それでも出せなかったら口をあけているだけでよいという。
  (高いミまで出れば,十分なのでそれ以上は無理をさせない。
   しかし練習では高いシくらいまではやる)
3 けして音を下げて歌ってはいけないと言う。
  どうしても高い声の出ない子は,やむをえない。

3 楽しく歌う

歌うことが楽しくなれば表情もついてくる。
2年生であれば歌うことへ気持ちを向けさせていきたい。
(劇化,動作化はほどほどにして)

そのためには,

一生懸命歌っていることがすばらしい。

ということを感じとらせたい。

その方法は,互いに見合い,認め合うことが大事である。

指示4:

一人で歌えるひと,手を挙げてください。

2年生であればかなりの子が喜んで手を挙げる。
そこがねらいである。この時期にどしどしやるとよい。

順番で歌ってもらう。

一人歌い終わるごとに次のように言う。

発問2:

今の○○君の歌い方のよかったところをいってください。

すると
 ○口がよくあいていた。
 ○声がはっきり出ていた。
 ○いいしせいだった。
 ○一生懸命うたっていた。
などが出される。

言う子も,言われる子もにこにこしている。
音程がとれない子でも一生懸命歌ってくれる。
すると,他の子もちゃんといいところを言ってくれる。

最後にこういって全員で歌うとよい。

指示5:

今,みんないいところを見つけてくれましたね。
口の開け方の上手だった○○さんや△△くんのまねをして歌いましょう。

「○○さん」、「△△くん」のところは随時かわる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド