TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/19 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2253409 更新:2012年12月05日

理科授業10月の準備ポイント


新教育課程、理科授業今月の準備ポイント 【第三回=10月】

            制作者 TOSS福島アンバランス 大堀 真

10月のキーワードは、「お天気勝負」である。
野外観察実習や太陽がらみなど天気が気になるのである。
とにかく自然相手の理科学習は事前の段取りが大事である。
今から必要であると思われる段取りを考えてみた。

Q1  10月、三年生の理科授業のための準備ポイントはなんですか? 

A1 ズバリ、10月は「毎日理科の教科書とノートを持って来させる」ことです。

あなたが、学級担任をしていて理科の授業をしているのなら、毎日理科の教科書とノートを持って来させることは必須です。
 どうしてか。
 はい、それには深いわけがあります。三年生には次の単元があります。(東京書籍の場合)
6 日なたと日かげをくらべよう
7 光を当てよう 。

 この二つは実にやっかいな単元です。なぜか。「お日様が出ないと授業にならない」からです。
 そして、秋の天気は変わりやすい!朝、快晴で今日は実験ができるぞーと喜んでいると、4時間目の理科の時間は曇り~
なんていうことはよくあることです。
 天気がよかったら、時間割を変更しても理科をやるという心の準備が必要です。
 プールと同じです。夏の間は毎日水着を持って来させる先生は多いのではないでしょうか。

 理科専科の場合は、、、、、、、お天気が悪い場合の授業ネタを準備しておくことが必要でしょう。
 T・Tの場合は、、、、、、、、日頃の人間関係で、、、、担任の先生におまかせ!という日が必要かも知れません。

Q2  10月、四年生の理科授業のための準備ポイントはなんですか?

A2 ズバリ、「月齢カレンダー」のチェックです

 月と星の学習を四年生で行うことになりました。
 問題はこれが四年の学習内容だということです。
 なぜ四年だと問題なのだ?
 5・6年ならば、多くの学校では「学校行事等で宿泊を伴うもの」があります。
 そのときに、夜の観察ができるのですが四年ではそういうチャンスを作るのが困難です。

 どうするか。
 「昼の月」を観察させるのです。いわゆる半月は、日中空に昇っていることがあります。  
 月齢カレンダーをチェックして、理科の授業がある日で、月が出ている日をチェックするのです。
 もちろん、理科が何時間目かも考えなくてはいけません。
 月の入りが12時5分なんていう日もありますから、こういうときに五時間目に理科があっても、、、
 観察はできません。

 インターネット上で「月齢カレンダー」を表示しているページを発見しました。下記です。
 このほかにも、教材として、月齢カレンダーは販売されていますので、お近くの教材店に問い合わせてみてください。

Q3  10月、五年生の理科授業のための準備ポイントはなんですか?

A3 ズバリ、観察地点をさがしに川へでかけることです。 

流れる水の働きを五年生で学習することになりました。

 実際に川へ行って観察ができるのがベターです。
 やはり現場に行って増水によって削られた跡を見たり、
 川で生き物を見つけたりしないと、自然について学んだとはいえないでしょう。
 事前に観察地点を探しておくことが必要でしょう。
 もちろん、校内の手続きにしたがって「見学学習届け」とか「上司の許可」は必要です。
 
 学校から遠過ぎず、安全を確保できる観察地点をさがすことが第一歩です。

 1 全員が集まれる程度の広さの河原があるか。(万一の場合に集合させたり、心肺蘇生法を実施したりするのに必要)
 2 流れは急ではないか。水深は50センチメートル程度であるか。
 3 携帯電話が通じるか。(万一の場合を考えると、、、これは必要)
 4 近くに人家はあるか。一定の人通りはあるか。
 5 観察に適した要素(浸食、堆積、丸まった石、、、等)があるか。

Q4  10月、六年生の理科授業のための準備ポイントはなんですか?

A4 ズバリ地層の見学の準備をすることです 

 六年生は地層の学習をします。
 これも、やっかいな単元に属します。

 小学校理科の生命線は「直接体験」ですから、できることならナマの地層を見せたいものです。
 しかし、実際には適当な露頭がなかったり、交通手段がなかったりしてなかなか見学にいけないというのが実情でしょう。
 次のような準備を今のうちにしておきましょう

 1 時期の調整(この時期は、学習発表会やら陸上大会やら、、社会科見学(遠足)などで忙しいことが多い)
 2 見学場所の選定(どうしても露頭がなければ、博物館などでも良い)
 3 交通手段の確保(歩いていける場所なら、いうことなし)
 4 校長の許可、見学学習届け等の校内手続き。
 5 忘れやすいのが給食の対応。(欠食にできるか、給食時間までに帰ってくるかの選択)

- (C)TOSS Makoto Ohori All right reserved. - 

TOSS(登録商標第4324345号)、インターネットランド(登録商標4468327号)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド