TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/10/17 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5183159 更新:2013年08月24日

5年啓林館(分数)全発問・全指示(第2時 P.28~P.29)


1.前時の復習をする。

分数のたし算の問題を板書し、解かせた。
4  7
―+―
9  9

指示1:

「出来たら持って来ます。」

頃合を見てチェック終了。できた子を指名して答え合わせ。
もう1問出題した。
3  2
―+―
5  5

これは持って来させず、指名して答え合わせ。

2.数直線上で答えを示す。

指示2:

「28ページを開きなさい。『□5、5分の4mと・・・』読みます。」(「5分の4mと・・・」)

発問1:

「式はどうなりますか?」(5分の4-5分の2です。)

教科書に書いてある!

指示3:

「数直線があります。0を指で押さえます。」

発問2:

「その隣。いくつですか。」(5分の1です。)

1までテンポよく指名して答えさせる。
一通り答えさせた後で、□に入る数を書かせる。

指示4:

「前を見ます。 」

スマートボードで5分の4mのテープの5分の2m分を隠して見せた。

発問3:

「テープは何mになりましたか?。」(5分の2mです。)
「ということは、5分の4-5分の2mはいくつですか?」(5分の2です。)

前時同様、この程度の扱いにして次に進むことにした。
ただ、ビデオで振り返ってみるといまいち集中し切れていない。
やはり、子どもの作業があった方がいいかもしれない。

3.基本型を示す。

指示5:

「これは、このように計算します。」
「ノートに式を書きます。」
□5式 4  2
     ―-―
     5  5

発問4:

「計算するのは分子ですか。分母ですか。」(分子です。)

前時同様、この発問をした。
ニコニコマークの下の文を読んでからこの基本型に入っても良かったかも知れない。

「こう書きます。」
□5式 4   2  4-2
     ―-―=―――
     5  5    5

指示6:

「いくつになりますか。答えまで書きなさい。」

基本型は以下のようになる。
□5式 4   2  4-2   2
     ―-―=―――=―
     5  5    5   5   答え 2
                         ―
                         5 m

読みは次のようにした。
「式、5分の4-+5分の2は、5分の4-2は、5分の2。答え5分の2mです。」
書けた子から時間調整。
1回全員で読んだ後、隣同士1回ずつ言ったら座らせた。

4.□6を解く。

指示7:

「□6に進みます。問題を読んでごらんなさい。」(□6、5分の7mの・・・)
「ノートに式を書きなさい。」(5分の7-5分の3です。)
「まったく同じやり方で解いてごらんなさい。」

頃合を見て指名して答え合わせ。
□2式 7   3 7-3   4
     ―-―=―――=―
     5  5    5   5   答え 4
                         ―
                         5 m

5.▽7は1に直すことを教える。

指示8:

「▽7、1-7分の1を計算しましょう。ノートに1-7分の1と書きなさい。」

発問5:

「1からじゃ引けない。どうすればいいですか?」(1を7分の7にする。)

「そうだ。1を7分の7にする。整数にすればいいんだ。」
   1  7  1
1-―=―-―
   7  7  7

「後は計算できる。やってごらんなさい。」

指名して答え合わせ。
1を分数に直させる過程を独立して書かせることも考えたが、これで行こうと決心。
2名はこの段階でわからなかったが、練習問題とスキルをやることで最終的にはできるようになった。

6.○8を解く。

指示9:

「次のページ。『○8、かずおさんの・・・』」
「かずおの水筒を指で押さえなさい。」

指示10:

「これは何分の何リットルですか?『かずお』と書いてある下に書きなさい。」(8分の7リットルです。)
けい子も書かせた。
「それでは○ア。『2人の・・・』ノートに式だけ書きなさい。」(8分の7+8分の5です。)
「では、計算して答えまで書きなさい。」

頃合を見て指名。(式、8分の7+8分の5=8分の7+5=8分の12。答え8分の12リットルです。)

指示11:

「全く同じ人?○をつけておきなさい。」
「それでは、○イも同じようにやってごらんなさい。答えまでできたら持って来ます。先着13名(半端)。」

1番の子に正解を板書してもらう。
3番目に持って来たのに、答え書き忘れで○をもらえなかった子が悔しそうにしていた。

7.○9は先に問題を解き、それから地図(?)に書き込む。

指示12:

「それでは練習問題を6問出します。」

○9の地図(?)の問題6問だけをピックアップしたものをスマートボードに映した。

指示13:

「3問目ができたら持って来なさい。」

たし算、引き算混ざっているが、テストでもこのように出てくる。絶好の練習になる。
6問とも終わった子に板書させた。①①②③④④⑤⑥

1130

指示14:

「では、○9をやります。『○9、かずおさんは・・・』」
「6分の1+6分の4を指差しなさい。」

発問6:

「これ、いくつですか?」(6分の5です。)

説明1:

「どこかで見た問題だ!」

先ほどノートに解いている。

指示15:

「□の中に6分の5と書きなさい。」

残りも同じように書かせた。

指示16:

「それでは、かずおさんはどのように進むでしょうか?赤で書き込みなさい。」

できた子にスマートボードに書き込んでもらい答え合わせ。
けい子も同じようにした。

8.計算スキル33をする。

よくできていた。

5分前に終了。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド