TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/04/24 現在)

21395
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1260011 更新:2013年08月24日

ゆで卵のゆで時間実験【目に見える家庭科(食領域の実践)】


ゆで卵のゆで時間実験

佐渡奈穂美

目的:自分または家族の好みのゆで卵を作る時のゆで時間の参考とするため。
準備物:なべ、水、卵6個、ストップウォッチ(時計)、ボウル、皿6枚、包丁、まな板、穴あきおたま

手順

なべに卵を入れ、かぶるくらいの水を入れて火をつける。沸騰するまでは強火。沸騰した時点から時間を計る。
3分たったら、穴あきおたまで卵を1個すくい、水を張ったボウルに入れて冷まし、殻をむく。包丁で二つに切って皿にのせる。
6分、9分、12分、15分、18分後も3分の時と同じようにする。
子どもたちに見せて、自分または家族の好みのゆで卵を作るには、沸騰後何分で卵を取り出すか、計画を立てさせる。

ゆで卵の様子
Yudetamag

実践結果

私の学級では子どもたちが実際にゆで卵を作っている時に並行して実験を行ったので、実際の調理の参考とはならなかった。
実験でゆでたものをみて「○分くらいがおいしそうだ」などの感想が出ていた。

留意点

3分ごとに取り出し、殻をむき切って皿にのせるという作業をスムーズにできるように、おたま、皿、水を張ったボウル、包丁、まな板は沸騰するまでの間に準備しておく。
実験前に何分後の卵がが自分の好みのゆで卵に近いか、予想をさせておくとよいかもしれない。

佐渡奈穂美

Copyright (C) 2013 Nahomi Sawatari. All Rights Reserved.
TOSS(登録商標第4324345号)、TOSSランド(登録商標5027143号)
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド