TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/19 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9724388 更新:2013年08月25日

クラスみんなで楽しくゲーム「たことたぬき」


クラスみんなで楽しくゲーム「たことたぬき」

低学年に「ネコとネズミ」という鬼遊びがある。この「ネコとネズミ」を修正して、「たことたぬき」ゲームを4年生で実践した。
ドッジボールのときに使用しているコートの、赤いラインを利用する。

指示1:

男子2列、女子2列の4列で並びます。

「となり同士でじゃんけんをします」
「勝った人、手を挙げます」
同様に、負けた子にも手を挙げさせる。真ん中のラインの左右に、勝った子ども、負けた子どもを並ばせる。それぞれ「たこ」チーム、「たぬき」チームであることを告げる。

説明1:

説明1 「たことたぬき」というゲームをします。先生が「たこ」と言ったら、「たこ」チームが逃げます。「たぬき」チームが追いかけてタッチします。誰にタッチしてもかまいません。逃げる人のゴールは、ドッジボールコートの内野と外野を分けている、あのラインです。ゴールの手前でタッチされたらアウトです。

最初に、コート中央のラインを全員に踏ませる。その状態からスタートする。それぞれ1度ずつ練習させる。

説明2:

 アウトになった人は、コートから出て応援です。ゴールする前に、横に出てしまった人もアウトです。どちらかのチームが残り3人以下になったら終わりです。

「先に相手チームを全員アウトにしたら勝ちです」というルールでもよい。本実践では、1回のゲームの時間を短くするため、「どちらかが残り3人になったら終わり」とした。

指示2:

 アウトだった人もコートに戻りなさい。全員真ん中のラインを踏みなさい。

本番開始。教師の「たこ!」で、たこチームが逃げ、たぬきチームが追いかける。

指示3:

タッチされた人はコートから出ます。

「コートから出た人は応援します」
「2人にタッチした人いますか」「あ、いるね。すごいなあ!」
次に、教師の「たぬき!」でたぬきチームが逃げた。「予想通り」といった様子で、最初から逃げる体勢の子も多くいた。

指示4:

 次は、ちゃんと聞いてからスタートするんだよ。前にね、ちゃんと聞かないでスタートした人同士でおでことおでこがぶつかって、大きなこぶをつくった子がいたんだよ。

闇雲に突っ込んでいこうとするやんちゃな子がいることもあるので、このように注意した。
「た、た、た・・・(と、じらしておいて)・・・たい!」ほとんどの子が「ビクッ」と反応したが、すぐに「なーんだ」という表情をした。

指示5:

 時々ちがうことも言うからね。よーく聞くんだよ。

「た、た、た・・・(と、じらしておいて)・・・たぬき!」その後、「たこ」「たぬき」「たこ」と繰り返し、「たぬき」チームが勝利した。

指示6:

 では、2回戦をおこないます。アウトだった人、コートに入りなさい。

「た」ではじまる言葉として、「たまご」「たらこ」「たんぼ」「たまねぎ」「たくあん」・・・・など、いろいろ織り交ぜながら行うと良い。
「たなかくん!・・・ちゃんとラインを踏みなさい。」と言った時は、みんなから笑いが起こった。
教師は、真ん中のラインをまたいで立ち、全体を見ながら指示を出したり、審判をしたりする。
ゲームが進み、人数が少なくなってきたときには、教師がコートの中に入っていき、スタートのときに子ども達が踏む部分のラインの長さを縮めてゲームをおこなうようにする。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド