TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/19 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2210037 更新:2013年08月24日

卒業間近の6年生に感謝について考えさせる


卒業間近の6年生に感謝について考えさせる

「卒業生に送るみすゞの心」(前田憲明氏:「生き方の原理原則を教える道徳教育」明治図書p134)の追試に手紙を書かせるという部分を追加修正した実践報告である。TOSS/Sannai推薦。

 

 金子みすゞの次の詩を印刷して配る。

  星とたんぽぽ
 青いお空のそこふかく、/ 海の小石のそのように、/ 夜がくるまでしずんでる、昼のお星はめに見えぬ。

   見えぬけれどもあるんだよ、/ 見えぬけれどもあるんだよ。

 ちってすがれたたんぽぽの、/ かわらのすきに、だァまって、/ 

 春のくるまでかくれてる、/ 強いその根はめにみえぬ。

   見えぬけれどもあるんだよ,/ 見えぬけれどもあるんだよ。

  ☆すがれた…かれはじめた

指示1:

 全員起立。隣の人に聞こえる声で2回読んだらすわりなさい。

全員が座ったのを確認してから言う。

指示2:

 一連と二連で繰り返し使われている言葉に線を引きなさい.引き終わったら「終わった」と言いなさい。

 列指名で答えさせる。

 次の言葉に線が引かれた。

 「めにみえぬ」「見えぬけれどもあるんだよ」「見えぬけれどもあるんだよ」

 

指示3:

 この詩のなかから、見えるものと見えないものを探しなさい。探したものは番号をつけて箇条書きでプリントのあいているところに書き出しなさい。

 これも列指名で答えさせる。

 見えるもの……青い空、海、たんぽぽ、かわら

 見えないもの……昼の星、海の小石、たんぽぽの根、が出た。

発問1:

 自分の身近なところで、見えないけれどもあるものを、思いつくだけ箇条書きでプリントの裏に書きなさい。2つ書くことができたら持ってらっしゃい。

 持ってきたプリントを見て1つを選んでどんどん板書させていく。

 空気、酸素、二酸化炭素、風、ほこり、音楽、努力、心、音、冬のつくし、心臓、脳、

筋肉、言葉、電磁波、背後霊、絆、ウィルス、臓器、テレビを消しているときのテレビ番組、

将来の夢、声、電波、ガス、友情、オゾン層、こえなければならない壁、欲望の渦、が出された。

全てを認めてやる。そして、次の詩を印刷して配る。

 

  土と草
 かあさん知らぬ / 草の子を、 / 何千万の / 草の子を、

 土はひとりで / 育てます。

 草があおあお / しげったら、 / 土はかくれて / しまうのに。

指示4:

 全員起立。隣の人に聞かせるように3回読んだら座りなさい。

発問2:

 土は何を象徴していますか。プリントのあいているところに理由もつけて書きなさい。

列指名で答えさせる。

 (母)親……土は草の子を育てているから。 救助する人……自分を犠牲にするから。

 骨……草を支えているから。 食べ物・養分……草に必要なものだから。

 育ての親……草をひとりで育てると書いてあるから。

 神様……何千万の草の子を育てるから。

 全てを認めてから言う。

発問3:

 君たちが草の子ならば、君たちにとって土は何ですか。プリントの裏に簡単に書きなさい

 命、絆、親、家族、空気、家庭、夢、地球、家、過去の友だち、体の中の血液、食べ物、栄養、血のつながっている人、という考えが出された。

(ここからは追試ではなく、オリジナルとして追加修正した。)

 全てを認めてからいう。

説明1:

 さすがは卒業間近の六年生ですね。よく考えてくれました。もう、私の言いたいことが分かったでしょう。君たちも見えないものに支えられて大きくなってきたわけです。特にご両親の愛情にはかなり支えられたはずです。このように見えないものに支えられてこそ卒業を迎えることができます。

指示5:

 では、プリントのあいているところに今の自分を支えてくれている見えないものに簡単な感謝の手紙を書いてください。

 次のような手紙を子供たちは書いた。

 ここまで育ててくださったお母さんお父さんの愛へ
 いろいろなことがありましたが、私もとうとう小学校を卒業するまでになりました。これからも私を見守ってください。

 夢へ

 夢をかなえたいと強く思っているから今の私がいます。夢をかなえるために生きていけると思うからありがとう。これからも勇気をください。

 わたしのたくさんの経験さんへ

 たくさんの経験をありがとう!君たちのことはぜったい一生忘れないよ。いろんなことをしたり教わったりいろんな人とであったり、悲しいことも楽しいこともぜんぶぜんぶわたしの経験。これからもよろしくね。

 気持ちへ

 私が「楽しいな」と思ったり「苦しいな」と思ったりできるのは気持ちがあるからです。気持ちがなければ何かを思うことができません。ありがとう!

 地球へ

 地球がなかったらきっと私はここにいないと思います。生まれてさえこなかったでしょう。だから、絶滅なんてしないで一生ありつづけてください。ありがとう。

翌日はここで気付いた感謝の気持ちを行動で表そう。と呼びかけて「感謝の活動」を考えさせた。

「遊具のペンキぬり」や「昇降口の窓拭き」「近所の公園のごみ拾い」「校庭の石拾い」「げたばこ掃除」「低学年と遊ぶ」などの活動が考えられ、放課後や休み時間を使ったボランティア活動が行われた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド