TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/22 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1245015 更新:2013年08月24日

木彫 鍋敷きのいろいろな彫り方と着色


1 準備物

(1)彫刻刀(印刀、平刀、丸刀)
(2)着色顔料
(3)木彫用ラッカー
(4)布

1 石目(いしめ)彫り

Carving-ishimebori

大きめの丸刀を使って、木の表面を彫り、丸刀の刃の丸みで模様をつけます。丸刀を低く持って、すくうような感じで表面を彫ります。彫り残しが無いように、となり、となりとすき間を空けずに彫っていくことがきれいに見せるコツです。彫った形が、お城の石垣のような感じになるので石目彫りと呼ばれます。

2 菱(ひし)彫り

Carving-hishibori

片切り彫りのゆるやかな側の方を、くっつけるようにして彫ります。中央に三角の山ができます。山の頂点が曲がらないくずれないようにすると、きれいに見えます。

3 かまぼこ彫り

Carving-kamabokobori

菱彫りの山の頂点を印刀や平刀で削ってなだらかにします。表面がかまぼこのようになるのでこう呼びます。

4 仕上げ

(1)粗めのサンドペーパーで磨きます。
(2)細かいサンドペーパーで磨きます。磨きすぎるとメリハリが無くなります。
(3)木工用の顔料を使って着色します。2,3回に分けて薄く着色します。
(4)スキーなどに使うラッカー(白)を、布に少しつけて、よくこすります。
  
木目が美しいときは、顔料を塗らないで、直接ラッカーで磨いても美しく見えます。

Woodcarving-work2

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド