TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/18 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4926421 更新:2012年12月06日

教材用ソーラン「SAMURAI〜侍〜」の指導第3時 間奏E(時間差)・拍手の指導(9月7日)


9月7日 全体指導第3時  間奏E・拍手の指導

1)音楽をかけて復習

練習開始後、音楽をいきなり流す。
本日からはDVDなしで指導。
間奏Bまで踊らせる。

その後、難しい間奏Bのパーツを重点的に指導。

2)間奏E(時間差)の指導

比較的簡単なパーツ。
 ステージに立ち、まねをさせる。
 ゆっくりなカウントからだんだん早く。

 今回はDVDの踊りをアレンジする。
 間奏Bが終わった後に隊形異動。

 本来、「間奏D・間奏E(48拍)」の部分を間奏Eの踊りを時間差で行う。
 隊形は以下の通り。

Taikei1

48拍を時間差をつけて間奏Eの踊りを行う。

①4年生のみ(12拍)
②3年生のみ(12拍)
③4年生のみ(12拍)
④全員    (12拍)

踊りは一緒なので意外に短時間で覚えることができた。

3)拍手の指導

拍手もまずは教師のまねをさせる。
カウントで徐々に早くしていく。
特に難しいパーツではない。
 両腕を上げるときには一気にひじまで伸ばすことを意識させるときれいに揃う。

 ここまで指導すると最初から3番まで通して踊ることができるようになる。
(3番も1・2番と同じ振りにした)

ここまで練習すると子どもたちから「最初から踊りたい」と声が上がる。
通して踊った後は子どもたちから自然と拍手が起こった。

4)決めのポーズを個別評定

まだ時間があったので、1番の網担ぎから網投げの決めポーズを個別評定した。
8人ずつをテンポよく評定。
 「10点満点の4点で合格」として次々評定していった。
合格した子は抜け、不合格の子はもう一度列の後ろについて挑戦。
最後には全員合格させる。

この後最後にもう一度通して踊った。
決めポーズがより格好よくなった。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド