TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/18 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2320041 更新:2013年08月24日

7分でできる!給食当番の裏技5!


私は、これらの方法で、授業が終わってから、「いただきます」まで7分という記録を作りました。
どうも、7分が限界のようです。7分の記録を作ったのは、1年生と4年生です。

※ただし、これは衛生上の問題もあるので、よっぽど時間がないとき以外は、使わないようにしましょう。

1.授業が終われば、給食当番はすぐエプロンのところへ行き、1分以内に教室を出るようにする。(慣れれば30秒で)

給食当番が遅い最大の原因は、授業が終わってから、教室を出るまでの時間が遅いことです。
絶対に1分以内で教室から出しましょう。ボタンをとめたりするのは、教室を出てからです。
自分の机を動かしたり等の準備は、当番以外の子にやってもらいます。

2.机を動かしたり等の準備は当番以外の子がやる。

・当番以外の子は、待っている間暇なのですから、
 その時間を使って給食当番の子の机を動かしたり、机の上にナプキンを敷いたり、
 はしを出したり等の準備をするのです。
・この作業で「自分は自分。他人のことは知らない」といった考えの子も、
 協力する事を学びます。

3.エプロンのボタンをとめたり、マスクをしたり、帽子をかぶったりなどは、歩きながらやる。

・こんなことは、歩きながらでもすぐできます。
 つまり、服装がちゃんと整っていない状態で教室から出るのです。

4.遅い子は待たずに行く。(並ばず、だいたいかたまって行く)

・待っていると、遅い子はいつまでたっても、準備が早くなりません。
 おいて行かれるから、急ぐようになるのです。

5.給食当番は、教室に戻ったらすぐに着替え、よそったり、配ったりは、当番以外の子でやる。

・配り終わってから当番が着替えていると、着替え終わるまで待つ時間が無駄になります。
 当番以外の子が配っている間に着替えれば、配り終わった頃には、着替え終わっています。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド