TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/24 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5119564 更新:2013年08月23日

インターネットによるライブ法律相談の可能性


1.VoiceLinkで法律相談

TOSS弁護士団事務局では、事務局会議を1カ月か、2カ月に一度開催している。その6月と7月の事務局会議をインターネットの音声会議システムVoiceLink(ボイスリンク)で公開した。もちろん現在の相談内容など守秘義務に関するところは非公開である。20分間の中井光TOSS顧問弁護士へのQAを公開したのである。VoiceLinkがすごいのは、全国の参加者が声を発信することができるところである。北海道の先生、広島の先生などの先生が参加され、中井弁護士の明快な答えに「とても分かりやすかったです」などと感想を述べられた。
 取り上げられたQは例えば次のようなものだった。
①「匿名のクレーム電話には、対応しなければならないのでしょうか。」
②「子どもが親から預かってきた集金を学校に来て無いと言いました。この場合学校の責任になるのでしょうか。」
③「モンスターペアレントにつきまとわれるのですがどうすればいいですか。」
④「体罰について教師が知っておくべきことは何ですか。」「いじめについて教師が知っておくべきことは何ですか。」
 どれも教師ならば知っておく必要があるどの学校でも関係する事柄である。

TOSS弁護士団のVoiceLink法律相談は、TOSS―SNSメンバー限定で公開されている。
今後の開催は未定だが、TOSS―SNSで発表されるのでぜひご参加いただきたい。
法的知識は力である。教師が自分のそして仲間の身分を守るためにぜひ法的知識を身に付けていってほしい。

2.入っていないと守れない

ある日突然教師に襲いかかるトラブル。保護者の過剰な要求。管理職からのパワハラ。現在、教師の身を守る方法は、TOSS弁護士団の法律相談しかないと思っている。教育専門でこれまで100以上の教育関係のトラブルの事例を解決されてきた中井光TOSS顧問弁護士。このような弁護士が他にいないからだ。TOSS弁護士団事務局の教師もトラブル解決のエキスパートだ。TOSS弁護士団に相談されたほとんどの先生が、安心した、相談できて良かったと言われる。
ところが解決できない悲しいことがある。

それは、「TOSS教職員賠償責任保険に入っていないのです。相談できますか」という連絡である。大きなトラブルに突然巻き込まれたのだ。しかし、こればかりは守ることができない。「保険の紹介があった時は、トラブルも何もなかったので保険に入らなくていいと思ったのです」ということなのだ。火災保険で家が燃えてから加入してお金をもらうなどということがあり得るはずがない。弁護士による法律相談は、TOSS保険加入者へTOSS弁護士団が提供しているものなのだ。保険は、そのトラブルのはじめの事象が始まった時に保険に加入していないと適用されない。法律相談も同じだ。

TOSS保険、詳細はTOSSランドよりTOSS保険HPへ。
資料請求は白門保健事務所
03(3418)0071。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド