TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/06/24 現在)

21504
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7796309 更新:2013年08月23日

5年啓林館(小数のかけ算とわり算(2))全発問・全指示(第14時 P.89)


1.前日の確認をする。

すぐに、次の問題を板書。
7×0.8 7×2 7×1.02 7×0.9

発問1:

「全員起立。答えが7より小さくなるものはどれですか?分かる人は座りなさい。」

全員が座るまで10秒弱。指名して答えを言わせる。

発問2:

「どれですか?」(7×0.8です。)同じように、別の子にもう一つも答えさせる。
「どうしてですか。」(かける数が1より小さいからです。)

この理由がなかなか言えなかった。「0がついているから。」「0.8が1より小さいから。」等という理由が多かった。
定義のおさえが甘かったと反省。
この後、×を÷に変えて、「答えが7より大きくなるもの」として同じような流れで進めた。

2.☆3を解く。

すぐに解かせる。1問目の14.7÷0.3をチェック。
最後の問題に手間取る子が多かった。
全問できた子8名にに板書させて答え合わせ。

3.☆4を解く。

普通に筆算で解かせる。
答えを指名して確認。

4.☆5を解く。

難関の四捨五入の問題。1問目を持って来させるだが、なかなかできない。
商を立てる位置が違う、途中の引き算を間違える、0を付け足しているうちに位がずれる等が続出。
速い子3名に板書させているうちに終了時刻が迫ってきた。
全部写した子から終わりにした。

結局、☆6ができず。1つ1つに時間をかけすぎか。
また、商を立てる位置等は、わり算の基礎。このあたりが疎かになっていると感じた。
ここまでの指導が粗かったのだろう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド