TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/23 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2080752 更新:2013年08月22日

TOSS学生支援の全指導カリキュラム(その5)


TOSS学生支援の全指導カリキュラム(その5)

【Ⅴ4年間を見越した学生指導カリキュラム(支援教員用指導書)】

Ⅱ学級経営に関して

 初歩的な「学級経営力」とは、以下の2点ととらえてプランを構成する。

①学級を崩壊させない組織構成力
②子ども・保護者・教師が気持ちよく生活ができるシステムづくり

1.黄金の三日間のノートを作成できる

 仮想4年□組○○学級を想定し、学生が実際に以下の項目をノートに書き出して学級を組織してみる。

①日直の仕事を指導できる
②給食当番を組織できる
③清掃当番を組織できる
④一人一役生当番を組織できる
⑤係(会社)活動を組織できる
⑥班活動が組織できる
⑦軽度発達障害児に配慮した教室設計ができる
⑧中学年の自分が担当する全教科の「授業開き」プランが作成できる
⑨印象的な自己紹介ができる
⑩休んだ子への対応方法を決めている
⑪叱る原則の指導ができる
⑫交換日記、手紙への指導ができる
⑬実践したい授業を5つTOSSランドから検索し、ノートに貼りつけることができる
⑭席替えの指導ができる

2.給食指導の方針を定める

(1)10分以内に完了する配膳方法を実践できる

①給食当番表を作成できる
②レストラン型の配膳方法を指導できる
③待ち方の指導ができる

(2)食事中

①おかわりのルールが指導できる
 ア、おかわりを聞く順番を実践できる
 イ、じゃんけんルールの指導ができる
②お残しのルールが指導できる

(3)片付け

①片付けのルールが指導できる
②いつ昼休みにするかルールが指導できる

3.掃除指導の方針を定める

①掃除当番表を作成できる
②教室掃除のシステムを指導できる
③チェック機能を作成する

4.いじめの解決方法を実践できる

①いじめ発見のシステムと実践方法を知っている
 ア、触診(休み時間の教師のすごし方)
 イ、問診(向山氏提案のアンケート)
 ウ、検査(一人ぼっちの子の調査)
②机を離す子への場面指導ができる
③くつかくしへの場面指導ができる
④ひやかしへの場面指導ができる
⑤クラスの雰囲気が荒れてきた場合の指導ができる
⑥深刻ないじめへの対応(学校対応への応援要請を含めて)ができる

5.以下のチャレランやレクの簡単な指導ができる

(1)紙ちぎり
(2)缶つみ
(3)くつ飛ばし
(4)自己紹介ゲーム
(5)握手ゲーム

6.保護者対応の基本を知っている

①自力解決・学年主任・管理職への相談のレベルを把握できる
ア、対応できることできないことに分ける
イ、報告・連絡・相談ができる
②連絡帳と電話連絡の使い分けができる
 良い知らせは連絡帳、悪い知らせは電話連絡
③怪我をした子への対応を知っている
④モンスターペアレンツから身を守る方法を知っている
 訴訟保険の活用方法・弁護士の活用方法

7.模擬保護者会を行うことができる

①保護者会での注意事項をノートに書き出すことができる
②保護者会での話題を、TOSSランドで検索し、5つノートに書き出すことができる
③保護者会の進め方をノートに書き出すことができる
④5分間の模擬保護者会を行うことができる

8.模擬個人面談を行うことができる

①向山型個人面談の基本的な手順を知っている
②個人面談での注意事項をノートに書き出すことができる
③個人面談での話題を、TOSSランドで検索し、5つノートに書き出すことができる

9.家庭訪問を行うことができる

①向山型家庭訪問の基本的な手順を知っている。
②効果的な家庭訪問にするための注意事項をノートに書き出すことができる
③家庭訪問で聞くことをTOSSランドで検索し、5つノートに書き出すことができる

10.次の場面指導ができる

①向山型喧嘩仲裁法を実践できる
②「○○くん立ちなさい」と教室内での軽い叱責をすることができる
③自分が受験する県の場面指導の過去問題を5つ模擬授業で実践できる

11.ADHD・LD・アスペルガー症候群について簡単な説明ができる

①ADHD・LDの和訳
②様々な発達障害の特徴をあげることができる
③様々な発達障害の疑いのある児童を指導する際の注意点を挙げることができる

12.ADHD児童に対する簡単な配慮を知っている

①授業を進める上での配慮(教室設計の配慮も含め) 
②パニックを起こした際の対応

13.アスペルガー症候群と高機能自閉症の児童に対する簡単な配慮を知っている

①授業を進める上での配慮(教室設計の配慮も含め)
②パニックを起こした際の対応

14.ADHD、LD、アスペルガー症候群と高機能自閉症の児童が複数いる学級での学級経営上の配慮をあげることができる
15.ADHD、LD、アスペルガー症候群と高機能自閉症の疑いがある児童を校内で対応する方法をあげることができる
16.ADHD、LD、アスペルガー症候群と高機能自閉症の疑いがある児童の保護者に、専門機関につなげるアプローチをする方法をあげることができる
17.家庭教師・塾などの実践レポートを書くことができる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド