TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/23 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1111341 更新:2013年08月20日

あかねこ漢字スキルテスト用紙の保管方法


あかねこ漢字スキルのテスト用紙の取り扱い方については、
向山洋一氏は、切り離してもそのままスキル本体につけておいてもどちらでもかまわないと言う。
しかし、テスト用紙を本体につけたままにしておくと、テスト当日に「スキルを忘れました。」と言う子がでてくる。
そこで、私は次のようにしている。

毎学期の初め、新しい漢字スキルを配るとすぐにテスト用紙を切り離させる。
そして、すべての用紙に名前を書かせ、パンチで綴じ穴をあけさせる。
次に下の写真のような綴じ具を配る。

71

(商品名:ペーパーファスナー  株式会社デビカ)
この綴じ具の良いところは、簡単に装着、取り外しができるということである。(材質はポリプロピレン)
これで準備は終わり。各自に、自分のテスト用紙(15枚分)を綴じさせたら、グループごとにまとめて持ってこさせ、重ねてファイルケースに入れておく。
テスト当日。教師は、テスト用紙の束をごそっと取り出し、一番上の子の名前を呼ぶ。そしてその子に、その子のグループの人数分だけ(私の学級では4人グループにしているので4冊)取って渡す。
これを八回繰り返すと、全員分のテスト用紙を配り終えたことになる。
(註 私の学級は33名。7グループが4名、あと1グループは5名なので、どの子のグループが5名なのか、覚えておく必要がある。)
テスト用紙を配る時間は、これで大幅に短縮することができる。
子どもたちは、その日のテスト用紙1枚を外して、テスト開始。
終わった子が自分のグループの分のテスト用紙つづりを集めて、ファイルケースに返しに来る。
これで、テスト用紙つづりを集める手間をはぶくことができる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド