TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/16 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6104503 更新:2013年08月20日

どこの国でしょうか?


指示1:

今から、ある国の写真を10枚見せます。
どこの国かわかっても、決して声に出してはいけません。
国名を黙ってノートに書き、誰にも見られないように先生に見せに来なさい。

説明1:

1枚目の写真で当たったら100点、2枚目で当たったら90点、3枚目だったら80点です。
またノートを持ってくるのは、一人3回までです。バツをもらっても消しゴムで消さず、2回目の答えは次の行に書きます。
それでは、1枚目の写真です。(タクラマカン砂漠の写真を提示)

ニコニコしながら待っていればよい。
誰もいなければ「勇気ある挑戦者はいませんか?」などと言って挑発する。
生徒がどんな答えを書いてきても、黙って○または×のみを書いて返す。
(状況によっては「センスがいいなぁ」と言ったり、「おっ」と驚いた表情をしたりすると盛り上がる。)

説明2:

2枚目の写真です。(エベレストの写真を提示)
さっきと同じ国の写真ですよ。
これで正解したら90点です。

説明3:

3枚目の写真です。(チベット高原の写真を提示。モンゴルのような大草原。)
これも同じ国の写真ですよ。
これで正解したら80点です。

説明4:

4枚目の写真です。(南京長江大橋の写真を提示)
これで正解したら70点です。

説明5:

5枚目の写真です。(香港の夜景の写真を提示)
これで正解したら60点です。
(100万ドルの夜景って言われてるんだよね。)

説明6:

6枚目の写真です。(北京国家体育場の写真を提示)
これで正解したら50点です。
(この建物、鳥の巣って言うんだよね。ここでオリンピックが開かれたんだよなぁ。)

説明7:

7枚目の写真です。(兵馬俑の写真を提示)
これで正解したら40点です。

この辺で正解者が続出したら、そこで打ち切る。
「では、ノートを持ってくるのはここまでとします。」
長い列ができると、授業がもたつくからだ。
ただ全員のノートに丸をあげることを優先するなら、そのまま続けてもよい。

では、あとは写真だけ見てみましょう。
8枚目。(天安門広場の写真を提示) よく見ると写真に国名が書いてあるよね。笑
9枚目。(万里の長城の写真を提示) これは何という建物ですか?(万里の長城!)
10枚目。(かわいいパンダの写真を提示。)

発問1:

何という国ですか?
(中国!)

指示2:

その通り。
では正式名称を漢字で、ノートに書きなさい。

指示3:

書けた人は黒板を見ます。
(中華人民共和国)
合っていたら、赤で丸をつけておきましょう。
(わからなかった人は写しておきます。)

説明8:

(再度、天安門広場の写真を提示する。)
ここは紫禁城という城の天安門です。中国の首都にあります。

発問2:

中国の首都はどこですか。
(ペキン)

指示4:

地図帳の24ページを開きなさい。
ペキンを見つけて赤で囲みます。

指示5:

(同じように、南京長江大橋の写真を再提示する。)
これは長江という川です。
地図帳で長江を見つけて、赤で囲みます。

中国にはもう一本、とても大きな川があります。
黄河です。
見つけて赤で囲みます。

指示6:

(チベット高原の写真を再提示)
日本がすっぽり入ってしまうような大草原です。
チベット高原といいます。
赤で囲みましょう。

指示7:

(香港の夜景の写真を再提示)
香港という町を見つけて、赤で囲みます。
ここは1997年までイギリスに占領されていました。

指示8:

(タクラマカン砂漠の写真を再提示)
タクラマカン砂漠。赤で囲みましょう。
中国には砂漠もあるんですね。
もうひとつ、ゴビ砂漠という砂漠もあります。
見つけて赤で囲みましょう。

指示9:

(エベレストの写真を再提示)
世界で一番高い山です。何という山ですか?
(エベレスト!)
その通り。エベレストも中国にあるんですよ。
探して赤丸をつけなさい。

探すのに時間がかかる生徒もいるので、細かい発問で空白を埋めるとよい。
「中国と、ある国の国境線上ですね。どこの国ですか?」
(ネパール)
「エベレストの標高は何mですか?」
(8848m)
「その通り。地図帳に書いてあるよね。」
「中国の人は、エベレストを何て呼んでいるか、知っていますか?」
(チョモランマ)
「では、ネパールの人は?」
(サガルマータ)
「そう。地図帳には、そういうことも書いてあるね。」

説明9:

このように、中国はとっても広い国なので、様々な地形があります。
これから少しずつ覚えていきましょう。

このように写真を見せながら授業を進めると、単調な地形の学習でもイメージから学習に入ることができる。
クイズ形式でやれば、授業も盛り上がる。
また、どの地域の学習にも応用可能である。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド