TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/24 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5663503 更新:2013年08月19日

講師「最初の3時間」1時間目自己紹介・質問を受ける


1.自己紹介

 自分の名前をひらがなで板書し、簡単な自己紹介をする。

2.簡単な質問を受ける

発問1:

何か先生に質問はありますか。

子どもの質問 『なつめ』と『まさこ』、どちらが名字でどちらが名前ですか。

 休まれている担任の先生は、名前で「○○先生」と呼ばれていたようだ。私は、同じ名前の先生が学校にさらに2人おられるので、名前ではなく名字で呼んでもらうことにした。それで名字か名前か、確かめたかったようだ。

 このあたりで、そろそろ子どもたちもじっとしていられなくなる。立とうとしていた子に、「おへそをこちらに向けなさい」と再び言う。すると、別の男の子がおへそを出して見せた。誰かはやるだろうと予測していたが、本当になった。

指示1:

先生は、「おへそを見せなさい」とは言っていませんよ。

 その子は、あわてておへそをしまった。こういうところが1年生らしいと思った。

子どもから  : 名前をカタカナで書くとどうなるんですか。

 先に書いたひらがなの名前の隣に、カタカナで名前を書いた。カタカナの読める子も、たぶん読めない子も、私が書くのと同時に、声をそろえて読んでくれた。

子どもから : 名前を漢字で書いてください。

 今度はカタカナの隣に漢字で名前を書くと、教室中が「オーっ」とどよめいた。こんなことで感心してもらえるとは。

文字にとても興味をもっているのだとわかった。

 質問というより、リクエストがほとんどだった。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド