TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/19 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2320063 更新:2012年12月03日

お楽しみ給食で、クラスに潤いを!


週に一度だけ、給食を食べる席を変える。くじで決める。
だれと同じグループになるかわからない。
毎週違ったメンバーで食べる、わくわくのお楽しみ給食となる。
子どもたちは、毎週この日を楽しみにしている。

1.次のようにやっている。

 (1)毎週木曜日にやる。                                                      
 (2)座席に番号を打つ。
 (3)くじを引く。
 (4)引いた番号の席につく。

(1)について 

 何曜日でもよい。教師が決めればよい。
 とにかく教師が言い出しっぺになる。
 私は、木曜日が最適と考えた。
 週の半ばを過ぎたところにお楽しみがあれば、中だるみ解消の一助となる。
 私の学級では、すぐに「お楽しみ給食会社」ができた。
 私は何をしなくてもよくなった。

(2)について

 席を生活班のグループにする。
 そこに、男女別に番号を付ける。
 座席表を作る。                   
 今では、席替えがあるたびに、「お楽しみ給食会社」が座席表を作ってくれる。

(3)について

 男女別の箱にくじを入れてある。くじも「お楽しみ給食会社」が作ってくれる。
 くじは、その都度回収する。
 くじを引く順序は、現在では、次のようにしている。
   「ゴミを3つ拾ったら見せにきなさい。」
   「合格と言われた人から手を洗ってきてくじを引きなさい。」
 くじは、給食をもらいに行く前に引く。
 以前は、お盆を持ったまま引いていたが、給食をこぼす子がいた。初めに引いたほうがよい。
 私用のくじも「お楽しみ給食会社」が作った。
 グループの番号が書いてある。
 したがって私もどのグループに行き、どの子達と一緒になるのか楽しみなのだ。

(4)について

 黒板に貼った座席表を見て席につく。
 くじのところに、「お楽しみ給食会社」の子どもがいて、世話をしてくれる。
 時折、座席を間違ったり、くじが足りなかったりするときがある。
 そんな時、子どもだけでは解決が難しい状況が生まれることがある。
 そこは、教師の出番。うまくその場を治めてあげる。

2.お楽しみ給食の効果

 ① 人間関係をつかむのによい。
 ② 子ども同士の関係が広まる。

Copyright (C) TOSS All Rights Reserved.
TOSS(登録商標第4324345号)、TOSSランド(登録商標5027143号)
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド