TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/18 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1628403 更新:2013年08月18日

ペリーの目的と航路


要旨  ペリーが日本に来た目的,航路を考える授業。TOSS社会編『20場面で“日本の歴史”をこう組み立てる第3巻 江戸から明治への動き第9場面から第12場面』(明治図書,2005年)より,廣野毅氏,勇眞氏の修正追試。。 

ペリーの画像を提示する。すぐに,「ペリー」と出た。教科書を事前に読んでいたり,開いたりしている。学習の心構えができている証拠。

説明1:

※1  ペリーは,1853年に,アメリカ合衆国から日本にやってきました。

指示1:

※2 ペリーは,どのような航路を通って日本まで来たと思いますか。地図帳を見て,アメリカから日本まで,線を引きなさい。

前に出てきて,スクリーンに映っている世界地図をたどってもらう。
 ・南アメリカをぐるっと回って,太平洋から日本へ。
 ・カナダの北,グリーンランド付近を回って,日本へ。
 ・メキシコのパナマ運河を通って,太平洋から日本へ。
 ・ハワイ諸島,マーシャル諸島などを巡りながら,日本へ。
 その他,一直線で太平洋を渡り,日本へ。太平洋の北,アラスカやロシアを通って,日本へ,などという意見が出た。

 正解を提示する。
 実は,太平洋周りではなく,南アフリカ,スリランカ,シンガポール,マカオ,香港上海,沖縄,小笠原諸島を巡って,日本まで来たのである。

「グーグルアース」という最新のソフトを使い,航路を空から確認する。すばらしいソフトである。家1軒1軒まで見える。
しかも,世界中の大部分が。「うわー」「すごい!」と歓声あがった。

指示2:

※3 アメリカから日本に来るには,ペリーが来た東回り航路よりも,太平洋を渡る西回り航路の方が,距離が短いです。
          どうして,遠回りをしてきたのですか。理由をノートに書きなさい。

・おみやげを渡した。 ・旅行したかった。   ・偉い人に会った。
・食料を調達した。 ・航路がわからなかった。 ・いろいろな国のおいしい物が食べたかった。
・黒船をもっとあつめるため。  ・燃料が持たなかったから。

説明2:

※4 国書には,以下のように書かれています。「大洋を渡るわが国の蒸気船は 大量の石炭を燃やすが,そのすべてを母国から積み込んでいくことは不都合である。」当時の黒船は,石炭を燃やす蒸気船でした。大量の石炭を必要とするので,燃料と水の補給を頻繁にしないと,航海することができなかった のです。

つまり,「石炭の燃料補給」である。一人,ノートにそう書いていた。食料という意見は出たが,もっと大切なのが,燃料だった。

発問1:

※5補給するためだけなら,シンガポール,マカオ,香港,上海などで十分です。わざわざ鎖国している日本まで来て,開国させる目的は何だったのでしょうか。

1 難破したアメリカ船の乗員を(   )すること。→保護
2 アメリカ船に食料や水・(   )などを与えること。→石炭
3 (   )を行うこと。→貿易

1,3はある男子が見事に答えた。2の「石炭」は,今の話を聞いていたら,すぐにできたようである。

指示3:

※6 アメリカ人が日本の近くまで来てよくとった生き物は何でしょう。書きなさい。

先ほどの発問で,「何でアメリカ船が日本まで来るのか。」という疑問がわいたようである。生き物が何かわかれば,疑問も解決する。
サメ,サンマ,イワシ,クジラ,マグロ,イルカなどが出た。
正解は,クジラである。

発問2:

何のためにクジラをとったのでしょうか。

1 食料
2 燃料
3 骨や皮でものをつくる。

きれいに,意見が分かれた。どれも6人くらい。(「くらい」というのが,私がいいかげんな証拠である。もっとしっかり数えて,板書し,再現できなければ,授業記録とは言えない。)

説明3:

正解は,燃料です。クジラは,上等な灯油になったのです。燃料のために わざわざ太平洋を越えて日本までやってきたのです。クジラの油は,今で言 う石油みたいなものです。貴重なエネルギー資源でした。それで大もうけすることができたのです。なくてはならないものだったのです。

翌日の授業で子どもたちに話したのだが,アメリカは,クジラの利用率が10%。油だけ取って,あとは捨てていたそうだ。
しかも,日本近海にクジラがいなくなるまで,根こそぎ捕って,大もうけしていたらしい。

一方,日本もクジラを捕ってはいたが,利用率100%。主に食用で,骨や皮も使って製品を作っていたそうだ。もちろん,ひげも。
「どうやって捕っていたのか」という疑問が出たので,調べて,翌日話をした。「突き捕り式」,「網捕り式」があったようだ。

指示4:

今日の授業の感想を書きなさい。

これには前置きがある。余談で,ペリーが日本からもらった「伊能忠敬の地図」を見て,あまりの正確さにびっくりして,日本にはかなわないと思った,という話をしたら,伊能忠敬の感想が多かった。最後の話がインパクトがあったようだ。

・すごい遠回りして来たみたいで,スゴイ!それに,地図のおかげでせいふくされなかったのがまたまたスゴイ!
・ペリーはすごく遠回りをしていることをきくとびっくりです。伊能忠敬の地図で日本が守られてびっくりです。
   → このような感想がほとんどだった。特に女子に多かったのは不思議。

・ペリーはいろいろ考えていて頭がいいこと,いろんな国のところでどうやって石炭を買ったのか。
・遠回りしたのは,ねんりょうもそうだけど地図がなくてわからなかったのかな?
・何日くらい日本にいたのか。帰りはどうやって帰ったのだろう?
・ペリーはなぜ日本をせいふくしなかったのか。なぜ地図だけで?

【修正した点】
※1 説明1 「誰ですか」と問わずに,ペリーについて簡単に説明した。
※2 指示1 「線を引きなさい。」という作業指示を入れた。
※3 指示2 「理由をノートに書きなさい。」と作業指示を入れた。
※4 説明2 説明を一部省略した。
※5 発問2 3択穴埋め問題にして,答えやすくした。
※6 指示3 追加の指示である。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド