TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/22 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5525450 更新:2013年08月16日

お話の絵「花さかじいさん」


_____

準備する物(教師)
        1.肌色画用紙(八つ切) ※何色か用意する。
         2.白、黒、唇の色の画用紙(少し)
        3.ひげ、枝、ざる、灰、帯、ぞうりなどに使える色画用紙
        4.桜の色の紙 ※いろいろな色や質のものがあるとよい。
        5.物語の一部の文章を書いた紙 ※更紙でよい。
        6.台紙(黄緑、空、黄、群青など)
        7.作ったものを入れる袋か封筒
       (児童)
        1.はさみ
        2.のり
        3.千代紙や包装紙

「花さかじいさん」の話を読み聞かせる。おじいさんが灰をまいて花を咲かせる場面が楽しいことを確認する。肌の色の画用紙を選ぶ。   

指示1:

おじいさんの頭を指でちぎって作りましょう。 

肌色画用紙八つ切を1/4にした大きさの紙で作る。

指示2:

おじいさんの鼻、唇、目、眉、耳を作りましょう。 

はさみを使って作る。鼻の色は、頭と少し違う色の画用紙を使う。

指示3:

おじいさんの体を指でちぎって作ります。顔と同じくらいの大きさで、長丸にしましょう。 

肌色画用紙八つ切を1/4にした大きさの紙で作る。

指示4:

おじいさんの手や足を作ります。手は、「肩から肘」「肘から手首」「手のひらと指」の3つに分けて作ります。足も、3つの部分に分けて作ります。

八つ切の残りの1/2の紙で作る。腕と脚は、指でちぎる。手と足は、はさみを使って作る。

指示5:

おじいさんの頭と顔、体を一番いいと思う形で並べましょう。決まったら、のりで貼りましょう。

部品をいろいろ動かして配置を考えられるように、時間をとる。
頭と体は、まだ貼り付けないでおく。体と腕を重ねたい子は、まだ貼らないように個別に確認する。
顔の部品は、正面向きに並べないようにする。

指示6:

おじいさんに着物と頭巾を着せます。 

着物用の紙とおじいさんを裏返して重ねる。おじいさんより少し大きめに形を描き、切り取って貼る。
頭巾は、先を少し曲げても面白い。

発問1:

「花さかじいさん」らしいものは、何でしょうか。 

ひげ、木の枝、ざる、灰、帯、ぞうり、つぎあてなど。桜の花びらは、あとで作ることを確認する。

指示7:

「花さかじいさん」らしくなるようなものを、工夫して作ってみましょう。 

見て回りながら、工夫している子をどんどん褒める。

指示8:

自分が作ったおじいさんに一番合う言葉と色画用紙を選びましょう。 

何種類かの文章を用意しておく。文字は、平たく間をつめて書いておく。
何色かの色画用紙を広げて置き、おじいさんを乗せて選べるようにする。

指示9:

桜の花びらを作って、画用紙に並べましょう。位置が決まったら、おじいさんと花びらを画用紙に貼りましょう。

文章が入るところは、まだ空けておく。文章は2つに分けてもよい。

指示10:

絵の具で文字を書き入れましょう。 

水は少なめにして、濃く溶いた絵の具で書く。文字は、平たく間をつめて書く。

<参考文献>
・酒井式6時間以内で完成する題材パーツ1酒井式で描く“春の題材”100選(酒井臣吾編・明治図書)
 「花咲かじいさん」佐々木志穂先生
・酒井式6時間以内で完成する題材パーツ3酒井式で描く“秋の題材”100選(酒井臣吾編・明治図書)
 「学芸会で演じる民話を貼り絵で表す『こぶとりじいさん』」野村智明先生


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド