TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/26 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1125109 更新:2012年12月03日

平方根の授業 4時間目-2


平方根の授業の4時間目(2)。平方根の大小を不等号を使って表す。(東京書籍 新しい数学3 P12、13)

3.スキルの基本形を使う

指示1:

例4を読みます。さんはい。

『4と√21の大小

4^2=16、(√21)^2=21で、16<21であるから

       √16<√21

すなわち   16<21』

発問1:

4は√いくらですか。さんはい。

「16です。」

発問2:

√16と√21では、どちらが大きいですか。

「√21です。」

発問3:

4と√21では、どちらが大きいですか。

「√21です。」「その通り。」

指示2:

黒板と同じように書きます。

4=√4^2=√16

16<21だから

4<√21

スキルの基本形と同じように書かせる。

4.ノートを持ってこさせる

指示3:

問5を解きます。①②ができたら、持ってきます。

「例4と同じように書くのです。①は、1行目はいりません。」

「同じように書いていなかったら、やり直しです。」

②③は全く同じようにできる。

①はそれよりも短く、④は長くなるので、分かりにくい。

黒板に解答の一部を書いておく。

丸をつけながら、「きれいです。」「さすが3年生。」「字が大きくて見やすい。」などほめる。

指示4:

丸をもらった人は、③④を解きます。できたら、黒板に1つ書きます。先着4名です。

黒板に解答が揃った時点で、答えあわせをする。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド