TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/18 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4516694 更新:2013年08月16日

根本体育のツボ1 3つの要素とは?


 根本体育は、体育指導の苦手な教師が「いつでも、どこでも、だれでもできる授業」を目指しています。
 根本体育の指導は、次の3つの要素で組み立てられています。

 ①テクニカルポイント
 ②発問・指示
 ③場づくり

 教師の仕事は、教材研究から始まります。その教材の中の、『テクニカルポイント』を探さねばなりません。例えば、「抱え込み跳び」であれば、そのテクニカルポイントは「腕支持と突き放し」にあります。しかし、このまま言っても、子どもには伝わりません。
 そこで、『発問・指示』が必要になります。図をご覧下さい。

発問1:

 発問
  「跳びこす時、どこを見たら調子よくとべますか。」
   A 手元    B マットの先(3m)   C 正面  

 子ども達の反応はだいたい、Aが2割、Bが3割、Cが5割と分かれます。そこで、次の指示をします。

指示1:

指示 「まず、Aの位置を見ながらとびなさい。(次にB、Cと順次行う)。」

Bが一番調子よく跳ぶことができます。そこで次の図を見せて説明します。

説明1:

 説明 
  「Cの位置を見ながら跳ぶと、体重が後ろに残ってしまいます。
   Bの位置を見ながら跳ぶと、腕を後ろに突き放すことができます。」
   ですから、Bのマットの先を見るように跳びます。

どこを見たら動きがよくなるかのポイントを「運動観察の視点」といいます。ここに注目させるのが、『発問・指示』です。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド