TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/26 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8266848 更新:2013年08月16日

向山型算数1年生二人の授業記録  くりあがりのあるたし算13時 


1年/算数/繰り上がりのある足し算

1年生二人の授業,繰り上がりのある足し算第13時

                                間嶋祐樹

市販テストを実施。テストは正進社である。表は,左側に計算問題10問。右側に文章問題である。裏は,計算の仕方を発表している場面の穴埋め問題。はっきり言って難しい。きちんと文を読めないからである。たくさんの量の情報があるとそれだけで読みとれなくなる。

「これから,テストをはじめます。よくわかんないな。という人は手を挙げて質問して下さい。では,はじめ。」

表側はスムーズに問題を解いていた。裏側に行くととたんに質問がおおくなった。問題が読めないのである。文章がたくさんあって問題を読みとれないのである。初めての問題パターンでもあるので,多少の混乱はある。足し算の計算の仕方をはじめから言わせて,穴埋めのところと対応させた。それで,なんとか理解した。足し算の計算の仕方を覚えていたので何とかなった。
 「おわりました。」というので,提出させることにした。テスト見直しの方法をどのようにやらせるべきかよく分からない。提出させる前に,見直しをしていないということが分かっていたので,「まちがいがあったら100点じゃなくなるよ。」と念押しした。それでもいいというので提出させた。○付けすると100点だった。
 もう一人の子も見直しせずに「出します。」というので,先ほどと同様,念押しして提出させた。こちらは,サクランボだけが書いてあって,計算の答が書いてないところが10問中4問あった。文章題の答が書いていないところが2問あった。

 「だから,見直しをしなくてもいいのかと言ったのです。見直しとは,テストの問題をもう一度見て,うっかり抜かしたところはないかとか,書きまちがえたところはないかとか見ることを言うのです。」その子は,シュンとして聞いていた。もう一人の子にも付け加えた。「あなたもこうなる可能性がありました。見直しをしていなかったからです。見直しをしないとこういうふうになるんですよ。」教訓になったことと思う。

見直しをするとはどういうことなのか具体的に教えなければいけない。今日のできごとがあっても,具体的に,何をどうすることが見直しをすることなのかそれをきちんと教えなければいけない。
 
最終的にはどちらの子も問題はすべてできていた。
 


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド