TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/19 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2154052 更新:2013年08月16日

あかねこ点字スキル”教科書どおり”の「アイマスク体験をしよう」の授業


2002.9.22作成

※勝田の実践では4年生3名、5年生3名、計6名への指導(ボランティアクラブ)である。

1.準備

1.「あかねこ点字スキル」4ページの2「アイマスク体験をしよう」

2.アイマスク:子どもの人数分

3.折り紙:子どもの人数分×2

2.授業の展開

指示1:

 2,アイマスク体験をしよう。一緒に読みます。さんはい。

 全:「2,アイマスク体験をしよう。」 

指示2:

① を一緒に読みます。

 全:「①、「ようい、はじめ。」の・・・計りましょう。①→②→③、タイム、分、秒。」

 ここは「①→②→③、タイム、分、秒」まで一緒に言わせる。こうすると低位の子も、読みながらスキルを目で追い、折り方やタイムを書く場所を確認できる。

指示3:

今から折り紙を取りに来てもらいます。 「用意、はじめ。」で「1,2,3,4・・・」と先生が秒数を言っていきます。 できるだけ速く折ります。

 速く折るのか、丁寧に折るのか、どちらを優先させるか迷う子がいるはずである。あまりにゆっくり折る子がいると全体の流れが滞るので、ここは「速く」を優先させる。秒数をカウントすると、速く折ろうという心理状態にさせることができる。一石二鳥である。

指示4:

 できた時間を書き込みます。 書き込んだら立ちます。 質問を受けます。

指示5:

 折り紙を取りに来なさい。一人1枚です。

指示6:

用意、はじめ。1,2,3,4・・・

指示7:

全員座りなさい。

 途中の子がいてもよい。後で、「○秒でここまで折れました。」と発表させればよい。 

指示8:

②を読みます。さんはい。

 全:「②、アイマスクを・・・計ります。タイム、分、秒。」 

①と同様、「タイム、分、秒」まで一緒に言わせる。

指示9:

 やり方はさっきと同じです。 質問を受けます。

指示10:

折り紙とアイマスクを取りに来なさい。

指示11:

 アイマスクをしなさい。したら手は膝の上です。

指示12:

 アイマスクがきつい、壊れているという人は違うのをあげます。取りに来なさい。

指示13:

 用意、はじめ。1,2,3,4・・・

 アイマスクを取りに来た後、「はじめ」の合図は早いほうがよい。子どもが自分の机の、折り紙がある場所から手探りすることになるからである。間が空くほど、「はじめ」の合図があるまでに、手探りなどで折り紙の場所や折り方の見当をつける子が増えてしまう。それを防ぐ意味でも手は膝の上に置かせる。

指示14:

 早く終わった人は立ったまま感想を書いていなさい。

 指示に「立ったまま」を入れないと、ここで座ってしまう子がでてくる。すると、まだ 折り終えていない子との区別ができなくなる。

指示15:

 全員座りなさい。感想を書きます。30秒待ちます。

 この時点で折り終えていない子がいてもよい。後で「○秒でここまで折れました。」「感想の間も折っていました。」と発表させればよい。

指示16:

・・20秒前・・・10秒前・・・。

指示17:

 途中でもいいから顔を上げなさい。

指示18:

今からタイムと感想を発表してもらいます。

指示19:

 先生が見本を見せます。先生と同じように発表してください。

 指示を聴きながら書き続けている子がいてもよい。ここは発表のしかたがわかればよい。

 立ち上がる(いすから立ち上がるところから見本を見せる)。

指示20:

 アイマスクなしで折ったものはこれです。 タイムは○○です(○○には具体的秒数を入れる)。 アイマスクをして折ったものはこれです。 タイムは△△です。 感想は、・・・です(・・・の部分も具体的に示すと、低位の子がまねできる)。

 児童への授業では、かかった時間の差を発表させた。すると低位の子が、引き算ができずとまどってしまった。次のサークル模擬授業ではここを修正し、スキルの通りに発表させた。また、発表前に教師が見本を見せた。

指示21:

 みんなの発表です。自信のない人からどうぞ。

 最初に発表した子を、「最初に発表するのは勇気がいります。○○さんは勇気があります。」とほめるとよい。一人の発表が終わったら、

指示22:

自信のない人からどうぞ。

 をその都度言う。

3.子どもの感想(原文のまま) 

1.おもったよりむずかしかった。目が見えない人の思いがわかった。

2.やっぱりアイマスクをつけたタイムのほうがおそかった。

3.目がみえないので色もわからないから、うらもおもてもわからないし、かどをそろえるのもすごくたいへんだった。

4.目の見えない人が生活の中でどれだけたいへんなのか少しわかった。おそくなったので少しびっくりしました。

5.なにがなんだかわからなかった。これをずーとつけるとなったらつらいかもしれない。

6.アイマスクをつけてやったらとてもむずかしかった。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド