TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/27 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2310252 更新:2013年08月15日

起立の指示


原則 : 起立によって、確認をする

 岩佐勝弥氏は、「起立」の指示で次の様な実践を報告している。(授業研究NO.284)

 体育館で校内百人一首大会をしていた時、1回戦が終わり2回戦に移るときに体育館が騒然となり、収拾がつかなくなってしまったという。
 その時、先輩の教師が2つの指示を出し、あっという間に、静かにしてしまったと報告している。

指示1:

全員、起立しなさい。

 この起立で体育館にいた全員が意表をつかれて立った。おしゃべりに夢中になっていて、この指示を聞いていなかった
 生徒でも周りで起立する生徒を見てあわてて立った。
 そして、「何だろう?」という顔で指示を出された先生の方向に注目した。
 そこで先生は、全員を見渡して、静かに二つめの指示を出された。

指示2:

全員、すわりなさい。

 全員がすわったのを見とどけて、マイクを私の手にもどされた。
 さいしょの指示からここまでほんの十数秒の時間を要しただけである。
 集中して聞ける状態なっているのでこの後の私の指示は全員にいきわたった。

 見事な指導である。この指導は次の原則に基づいている。

原則 : 起立によって、確認をする

 ざわついている時に「起立」と言われると「どうしてなのだろう」と疑問に思う。
 やがて、「静かにさせるために起立をしたのだ」と気が付く。騒いでいたことを自覚させ、どうしたらよいのかを確認させたのである。
 こういう場合「起立」させることは、たいへん効果的である。
 向山洋一氏にも同じような実践がある。
 国語で本を読ませるときである。

指示3:

全員、起立しなさい。読み終わったらすわりなさい。

 声を出させて読んでいる。読み終わった順にすわっていく。
 終わったことを起立からすわることによって、確認できるのである。読んだ自分も分かるし、周りの子供も教師も確認できる。
 向山洋一氏の大学の授業を受けたときである。
 向山氏は発問したあと、次の指示をすることが多かった。

指示4:

意見のある人立ちなさい。同じ意見を言われたときには、すわってください。

 最初はたくさんの学生が起立した。発言がある度にすわっていく。
 自分と同じ考えの人がどれくらいいるのかが目で確認できるのである。
 「意見のある人手を上げなさい。」などと言って指名していくと、指されない子供は不満を持つ、
 意見のある子供を全員「起立」させておくと不満は残らない。「起立」することによって、自分の存在を示せたからである。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド