TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/08/21 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3006526 更新:2013年08月15日

知的障害児教育実践 初めての出会いで行う準備と演出3日間 2年生(1)前日までの準備


 学年の始まり,最初の3日間は黄金の3日間と呼ばれています。その3日間のうちに学級の組織つくりをすることが,その1年間を決めるとも言われているためです。養護学校でも同様に大切だと考えます。養護学校では,緩やかな発達の中に子ども達の成長を見ていきます。3日間をゆっくりと過ごしがちですが,そこで教師の気持ちを伝え,学級の形や流れを見せていくことは,見通しを持ちづらい子ども達にとってたいへん重要だからです。

前日までの準備 

(1) 小学部で教科担当・行事担当決め

(2) クラス担任決め(3人ずつ分かれる。1組か2組か。)

(3) 名前テープ貼り(ビニールテープに書き,机・イス・タオルかけ
            ・歯ブラシかけ・ロッカー・下駄箱・雑巾かけ)

(4) 児童名貼り(ラシャ紙いっぱいに6名の名前を書き,,お花紙を飾って廊下に掲示。)

(5) スクールバスが朝学校に着いた時に特に気をつけて迎える子の担当決め(全8台)

(6) 連絡帳書き・朝の会帰りの会・給食介助の担当を決める。(3人で一週間交代)

(7) 学年・クラス名簿作り(4月始めに保健関係のプリント等家庭から届けられるので
                ,チェック用などにすぐ使用できる。)

(8) 児童のファイルをよく読む。児童の名前と顔と様子の一致を図る。(やはり名前を覚えとくことは基本。) 

(9) 第1日目のシュミレーション(なんて声をかけ,どんな話をしようか。)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド