TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/17 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2140048 更新:2013年08月15日

放射線の授業


原子力発電を子どもたちに教えるのは難しい。段階を追ったきめ細かい指導が必要だ。

そこで,私は原子力に関わるほんの一部分である「放射線」だけを2時間で授業することにした。

「放射線」だけの授業でもかなりの資料が必要であった。

1時間目

まず,動燃「もんじゅ」の事故のカラー拡大写真A3を提示した。(資料1「もんじゅ」の事故の写真(学研―新・今「地球」が危ない)

A3拡大写真5枚を画板に貼り,教室のいろいろなところに置いた。

指示1:

この写真を見て,わかったこと・気づいたこと・思ったことなどをノートに書きなさい。(7分)

班ごとに前に出て発表した。次のようなことが出た。

・マスクは空気が入らないようにしていると思う。

・ここは工場みたいなところだ。

・何か事故が起こった後だと思う。

・体に入ると悪い物があるからマスクをしていると思う。

・服がビニールみたい。

・場所は地下みたい。暗いから地下だ。

・白い物は何か? 雪のような感じ。

・この人は何か長さを測っている。

・この大きな機械は何をする機械なのか。

・何か危険なことが起こったのか。

・ヘルメットをかぶってるから危険なことが起こったんだ。

・足下に白い物が固まっている。

・白い物は凍っている。寒そうだ。

・白い物が何か調査をしている。

・冷房機が壊れたのでは。

・手に紙を持っている。メモ用紙だと思う。

・どこが故障したのかを調査している。

・機械が壊れたから検査している。

発問1:

ここはどこだと思いますか。

工場が出た後,一人の子から「原子力発電所」が出た。

国語の授業「川とノリオ」で原爆についての話をしたばかりである。

説明1:

1995年12月8日,福井県敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」で冷却用のナトリウムが漏れて火災が発生するという事故が起こりました。これは,その時の写真です。「もんじゅ」では,新しい原子力発電の研究をしていました。当時新聞には,「大変重大な事故」と書かれました。

発問2:

新聞はなぜ「大変重大な事故」と書いたのですか。

・ 爆発したら大変だから。

・ 電気が作れなくなったから。

・放射線が漏れたから。

・人に大きな害を及ぼすから。

 資料2「原子力発電についての不安・心配」(鈴木康一氏「第3回エネルギー教育全国会議レポート」より)のグラフを配った。

 グラフを読んでから,

説明2:

多くの人々は人間の体によくない放射線が漏れることを心配したのです。12年前,当時のソビエト連邦のチェルノブイリ原子力発電所で大きな事故が起こりました。大量の放射性物質が漏れ,大変広い範囲にまで被害が広がりました。今もその被害が続いています。大量の放射線を浴びると,皮膚がただれたり,癌になったり,体のいろいろな部分に障害が起こります。ひどくなると死んでしまいます。

資料3「放射線の絵」(これからのエネルギー6「原子力エネルギー」P30ポプラ社)を模造紙に描いて提示した。

説明3:

放射線はウランという物質から出ています。ウランは原子力発電に使われる物質ですこの放射線には,アルファ線,ベータ線,ガンマー線があり,アリファ線は人間やコンクリートまでとおす危険な物です。その次にベータ線,ガンマー線が危険です。

発問3:

「もんじゅ」の事故では放射線は漏れたのですか。 

          ア かなり漏れた 

      イ ほんの少し漏れた  

      ウ まったく漏れなかった

アが12人,イが24人,ウが1人だった。  

ナトリウムが漏れたとしか言っていないのに上の状態である。

「放射線はまったく漏れなかった」と話した。

発問4:

「もんじゅ」の事故を地震にたとえると,震度いくつぐらいだと思いますか。阪神大震災と同じくらいの震度7と思う人?

   (以下震度0まで聞く。阪神大震災の時,このあたり~大阪府泉佐野市~は震度4であったことをつけ加えた)

震度7…3人   震度6…1人   震度5…16人

震度4…17人  震度3…0人   震度2…0人

震度1…0人   震度0…0人

 正解は「震度0」であることを告げた。 

 模造紙に描いた資料4「誰でも浴びている放射線」(インターネットホームページ「welcome to nakazawa Lab」内「あなたに年間放射線量測定シミュレーション」より

「誰でも浴びている放射線」を提示する前に次の発問を出した。

発問5:

では,私たちは毎日の生活で,まったく放射線を浴びてはいないのでしょうか。

数人に聞いたが,まったく想像もできなかった。

なかには太陽から出ていると思うから浴びているという子が一人いた。

説明4:

私たちの住んでいる自然界にも放射線はあります。(資料4を黒板に貼る)私たちは,宇宙線から,大地から,食物から,空気中のラドンからというように放射線を毎日浴びています。

発問6:

合計,年に何ミリシーベルトの放射線を浴びていますか。

計算の速い子が,2.4ミリシーベルトと言った。

 ラドンについては,「ラドン温泉」という言葉を知っている子が数人いた。温泉の湯にも放射線が微量ながら含まれていることを話した。

子どもたちは,食べ物にも含まれていることに驚いていた。

自然界にある放射線は本当に少ないので害がないことを付け加えた。

放射線は場所によって量がちがいます。たくさんあるところと少ないところがあります。どんな所が多いと思いますか。

原子力発電所の近くが出た。

資料5「『はかるくん』による測定値の屋外環境別平均」前述「鈴木康一氏論文より」グラフを配布した。

飛行機の量の多さにびっくりしていた。

説明5:

飛行機に乗ると宇宙からの放射線量が多くなります。でも私たちは,毎日飛行機に乗るのではないので心配しなくてもよいでしょう。トンネルや石切場も少し多くなっていますが,花崗岩という岩の影響で少し高いようです。

2時間目

前日の欠席者のために、5分ほど復習をした後、次の発問から授業に入った。

発問7:

日本の中でも地域によって、放射線の多い地域と少ない地域があります。どのあたりが多くてどのあたりが少ないでしょう。

検討もつかないようなので、すぐ資料6「『はかるくん』による測定値の都道府県別平均(屋内,屋外)」を配った。

次のようなことが出た。

・ 東北地方が低い。

・ 東北,関東地方が低い。

・ 屋外の方が低いとは思わなかった。

・ なぜ外の方が低いのだろう。

・ 沖縄は放射線がすごく少ない。

・ 太平洋ベルト地帯に放射線が多い。

・ 近畿地方が多い。

・ 石川県は屋外と屋内の差がすごく大きい。

発問8:

では,原子力発電所付近では,どれぐらいの放射線が出ていると思いますか。

     ア 自然界の放射線より10倍以上

     イ 自然界の放射線の5倍から10倍ぐらい

     ウ 自然界の放射線の2倍ぐらい

     エ 自然界の放射線と同じぐらい

     オ 自然界の放射線より少ない

アイウエオを板書し,挙手させた。

  ア 0人    イ 0人    ウ 11人

  エ 22人   オ 5人

指示2:

理由を発表してみましょう。

<ウの理由>

・ 「もんじゅ」では被害が出なかったけど,ウランを使っているからやっぱり多く出ると思う。

・ ウランはいっぱい放射線を出すから多くなると思う。

・ 自然放射線は年間2.4ミリシーベルトだけど,ウランを使っているからもう少し高くなると思う。

<エの理由>

・ 「もんじゅ」では放射線が出なかったから自然界と同じくらい。

・ 発電所の付近にも家があるはずだから,放射線が多かったら被害が出るから人々は反対するはず。

・ 自然放射線より多かったら,問題になって裁判になったりすると思う。

オの4人がエに変わった。

資料7<円グラフ「原子力施設の影響の小ささ」>(インターネットホームページ「welcome to nakazawa Lab」内「あなたに年間放射線量測定シミュレーション」より)を模造紙に描いて黒板に貼った。

なんと原子力発電所付近では,0.001msvなのです。子どもたちから驚きの声が漏れた。

放射性降下物と平均医療放射線を説明した。

説明6:

宇宙からも放射線が出ています。その放射線が大気圏内にある物質と反応してできたものが放射性降下物です。放射線は怖いですが,いろいろな所で役立っています。例えば,あなたたちが1年の時に体の中の病気を調べるためにやったレントゲン撮影,骨が折れていないか調べるときもレントゲンを写しますね。胃の病気を調べるエックス線診断,歯の様子を調べるパノラマ撮影など,医療機関で使われています。

指示3:

今日の授業の感想をノートに書きなさい。

 書けたら数人に発表してもらって終わった。ノートは全員集めた。

<子どもたちの感想より>

◇ 原爆で放射線はこわいと思っていた。でも,ふだんから,放射線を浴びていると聞いてびっくりした。いっぱいあたると病気になったりするとわかった。それに,原子力発電所から放射線がけっこう出ていると思ってたけど少なかった。勉強になった。(6年女子)
◇ 放射線はたくさんたまれば人を病気にさせ,死なせてしまう危険なものだけど,使い方をあやまらなければ人に役立つよいものになるから,うまく使わなければいけない。(6年男子)
◇ この勉強でわかったことがたくさんある。一つは,日本中で誰もが放射線を浴びているとは知らなかった。
 二つ目は,ふだん病院とかでレントゲンをやっているけど,あれも放射線だとはおどろいた。私はレントゲンをとっても何もなかったが,まさか放射線を使ってるとは本当におどろいた。とても勉強になった。(六年女子)
◇ こんな事故があっても放射能がもれなくてよかった。ガンマ線にかかったらやばいのでもれなくてよかった。わからないことがいろいろわかってよかった。(六年男子)
◇ 屋内と屋外では,屋内は周りが囲まれていて,放射線は少ないと思っていたけど,コンクリートで囲まれている方が放射線を出しているとは思わなかった。知らないことがよくわかった。(六年女子)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド