TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/19 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1117081 更新:2013年08月15日

点のつく漢字


たかが「丶」であるが、この1つの「丶」にはいろいろな意味がある。シンプルで奥ゆきのある知的な授業です。

1 「犬」(5分)

(犬と板書)みんなで読んでみましょう。

犬という字は、犬の形からできました。(犬の絵を見せる)では、この点は犬の何でしょう。

Ten001

 子どもから犬の「しっぽ」という考えが出た。  

 そこで次の3つの選択肢を与えた。そして、人数を調べた。下記のまん中の図を描いてから再び人数を数えた。

    ア 犬のしっぽ  8人→2人  

    イ 犬の毛    2人→0人  

    ウ 犬の耳   18人→26人      

Inu

説明1:

犬についている点は、犬の耳のことです。

2 「太」(5分)

「大」と板書した。

指示1:

みんなで読んでみましょう。

次に「大」に点を打ち、「太」と書いた。

発問1:

これは何と読みますか。○○さん。(太です)                                                       

発問2:

そうですね。この太の点は何を表していると思いますか。

意見が出なかったので、次のヒントを出した。

発問3:

太のちょっと古い漢字は「大に二」でした。 二が点に変わったのです。点は何を表していますか。

____

「お腹」というのが出た。「よく考えたね」と言ってほめた。あとが出なかったので、正解を言った。

説明2:

二というのは、同じように並べるという意味があります。したがって、大に二の前は、次の画像のようだったのです。でも、大を2回書くのがめんどうなので、大二になり、さらにめんどうなので、太になりました。この点は大という字を表しています。

____
3 点のつく漢字を書く(5分)

指示2:

点のつく漢字をできるだけたくさん書きなさい。点はいくつついてもかまいません。

 時間は1分とした。少ない子から黒板に書かせていった。

 玉、国、守、永、主、丹、点、熱、米、滝、代、団、博、成、球など。

4 寸(5分)

点のつく漢字がたくさん書けましたね。同じ点でも意味がちがいます。 

発問4:

たとえば、寸の点は何を表すと思いますか。その前に、寸の点のない字について考えてみましょう。これは何を表しますか。

____

 「ほくろ」というのが出た。「よく考えた」とほめた。

 これ以上出ないので、次の3つの選択肢を与えた。

ア つめ   

イ しわ   

ウ  脈 

 どれも本当っぽい選択肢である。子ども達は迷っていた。しわが一番多かった。

説明3:

答えは脈です。寸の点は手首の脈をはかる所です。手首からこの脈までの長さを寸と言いました。一寸法師の一寸です。

発問5:

では、一寸とは約何cmぐらいだと思いますか。 

 10cmが出た。これも次の3つの選択肢を出した。

ア 約1cm    11人 

イ 約3cm    14人 

ウ 約5cm    3人  

 答えはイの約3cmである。

5 氷(5分)

発問6:

水に点がつくと何という漢字になりますか。書いてご覧なさい。(氷)

発問7:

氷ですね。氷のこの点はもともとは点ではありませんでした。氷のもとの漢字はどんな漢字だったと思いますか。ノートに書いてみましょう。相談してもかまいません。

これ出なかったので、すぐ答えを言った。

説明4:

もとの漢字は、なんと冫水だったのです。ンは「にすい」と言って、水がこおったという意味です。水がこおって2つにわれたことからできました。ですから、氷の点は「こおる」という意味です。「にすい」には「こおり」に関係のある意味があります。

指示3:

にすいへんの漢字を1つだけ書きなさい。

 「冷」と「凍」が出た。ほかに「凝」「准」がある。

6 王と玉(7分)

発問8:

(「玉」と板書する。)玉に似た漢字があります。何という漢字ですか。ノートにかいてごらんなさい。(王)

発問9:

この王と玉は、全く同じ意味だと思いますか、それとも仲間だと思いますか、それとも、まったく違った意味だと思いますか。どちらだと思いますか。

 次の選択肢を与えた。
            ア 同じ意味  

        イ 仲間  

        ウ まったく違った意味

 イが一番多かった。 

説明5:

実はウのまったく違った意味だったのです。「玉」は、もともとは王でした。王というのは、「三つのたまにひもをとおした形」です。ところが、もう一つ、「王」には、大きなおのの形からできた王様という意味がありました。

Ten007
Ten008

説明6:

ちがう意味なのに字は同じです。これではややこしくて不便なので、「王」と区別するために、「王(たま)」に点をつけて「玉」にしたのです。「王(たま)」には気の毒な話ですね。でも、今でも部首名で「王」を「おうへん」と言ったり、「たま」と言ったりしています。玉の点は、王と区別するためにつけたのですが、どこにつけてもいいわけではありません。王の上につけると、「きずのあるたま」「きゅう」になります。

Ten009

これは「きゅう」で「きずのあるたま」という意味である。

指示4:

今日の授業の感想を書きなさい。(2~3分)

・「王」に2つの意味があったり、「寸」に脈があるなんて知らなかった。

・「太」と「寸」の点におどろいた。おもしろかった。

・点がついただけで意味などがちがうことにおどろいた。とくに「王」と「玉」がおどろいた。

・おもしろかった。むずかしかった。「王」という字の点がおどろいた。

・とってもわらいそうなくらいおもしろかった。

   引用文献:小学生「漢字の達人になる辞典」川嶋優(三省堂)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド