TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/23 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1132009 更新:2013年08月15日

「内部情報の蓄積」と「情報交換」は同時進行にせよ


向山洋一氏の授業ビデオ「じしゃく」を何年ぶりかで見た。
 この授業で、氏は子どもたちに色々な種類の磁石を与えて、久保さんの意見に賛成か反対かを調べさせている。
授業は概ね次のように進んだ。

色々な磁石で久保さんの意見に賛成か反対かを調べる。
  ↓
 調べたことを意見として発表する。
   ↓
 真ん中が磁石かどうか調べる。
  ↓
 発見したこと、聞いてみたいこと、やってみたいことを教師に報告する。
  ↓
 磁石を折ってみればわかるという情報を教える。

見事な授業の構成には勿論驚かされたが、私はそれ以上に1時間の授業の中で、「内部情報の蓄積」とその情報を教師や他の子に伝える「情報交換」の場を持っていることに驚いた。
 子どもたちに活動を通じて発見させるのはいいが、1時間ずっと活動させっぱなしで、情報交換の場がない授業をよく見る。
 発見したことの発表を別の時間にさせているのである。
 活動に飽きた子が騒ぎだし、授業は混沌とした状態で終わってしまう。  「飽きるまで体験させよ」と言ったのも向山洋一氏ではあるが、活動のなかに「変化のある繰り返し」がほしい。
 その「変化」が「情報交換」である。
 以上述べたことから、次の原則が導き出される。

内部情報の蓄積と情報交換は同時進行させよ。

以下にこの原則を使った私の拙い実践4年「物の重さとてんびん」の第1
時を紹介する。
◇         ◇          ◇
 第1時は重さ比べから入った。

指示1:

教室にあるいろいろな物の重さを比べましょう。どちらが重いか調べましょう。 その時に、発見したこと、考えられることがあればノ-トに書いておきましょう。                         
1つ見つけたら1つ書くのです。まとめて書くのではありません。 1つ見つけるたびに、友達や先生に教えてあげましょう。

 「内部情報の蓄積」のためにこのような活動をさせた。
 この指示には、内部情報の蓄積だけでなく、「情報交換」の意味も含まれている。
 この指示のポイントは2つある。

① 1つ見つけたら1つ書くのです。まとめて書くのではありません。

 活動に変化を持たせるためにこの作業を入れた。
 この作業によって、子どもたちは30分間継続して活動することができた。

② 一つ見つけるたびに、友達や先生に教えてあげましょう。

 これが「情報交換」である。
 子どもたちは、ノ-トを持って私の所に報告に来た。
 一人で来る子もいるし、2、3人で来る子もいた。
 私は、それを大いにほめた。そうすることで子どもたちは何度も私の所に足を運ぶようになった。
 また、全体に知らせたいことについては、根回しをしておいた。
 子どもたちを見ていると、多くの子が自分の発見したことを友達に話してから私の所へやって来るというシステムを取っていた。
 すなわち、情報交換が自然に行われていたと言える。
この活動が30分続いた。
 30分で打ち切ったのは、飽きてきて遊び出す子が出てきたからである。
 子どもたちは全部で43こ見つけていた。
ほとんどは重さ比べの結果であったが、なかには次のような一般化したも
のもあった。

・同じ入れ物でも、穴があいてる方が重たかった。穴や大きさは関係ない。
・小さくても重い物がある。逆に大きくても軽い物もある。
・同じ大きさなのに重さが違うのは、できてる物(材質)が違うから。
・液体は重い。気体は軽い。

この後、子どもたちを席に着かせてから、

指示2:

たくさんの人が報告に来てくれました。みんなに報告したい人は前でどうぞ。

やりたい子が順に発表した。この時に根回しをしていた子も勿論発表した。 全体への情報交換も保障できた。

発問1:

みんなは重さを比べる時に、どうやったの?

 後で紹介する3人の方法を全体に知らせたかったのでこの発問を出した。
 ほとんどの子が両手で比べていた。なかには手を持ち替えて比べている子もいた。
そんななかで3人は次の方法を出した。

Image131

 この道具を「てんびん」ということを教えると、子どもたちは、自分も作りたいと言った。
 次時に作ることにした。勿論、材料や作り方はすべて子どもたちにまかせた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド