TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/08/21 現在)

21412
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1125191 更新:2013年08月15日

啓林館『数学1年』P64 文字式の項と係数


1.項の学習を振り返る

指示1:

教科書P33をひらきます。「ひらいたら、『ひらきました』と言います」

「ひらきました」「ひらきました」

板書1  7-8+9

発問1:

項はいくつありますか。

「3つ、です」
「1つめはいくらですか」「7です」
「2つめはいくら」「-8です」
「3つめは」「9です」

板書2  -4+5-6+7

発問2:

念のため。項はいくつありますか。

「4つ、です」
7-8+9と同様、4つめまで確認する。

2.項だけを学習する

指示2:

教科書P64をひらきます。

「§4 式の計算」
「式6-4χは、6+(-4χ)のように、6と-4χの和とみることができる。
 このとき、6、-4χを、式6-4χの項という。」

指示3:

ノートに、次の式を書きます。「書けたら、『書けました』といいます」

「書けました」「書けました」

板書3  6-4χ

「ここにスラッシュが入ります」

板書3’  6/-4χ

「スラッシュのところには、ひらがなが1文字入ります」

発問3:

何が入りますか。

「『と』です」「6と-4χの和とみることができるのでしたね」

発問4:

項はいくつありますか。

「2つ、です」
「何と何ですか」「6と-4χです」

指示4:

ノートに次のように書きます。

板書3’  6/-4χ
       項は 6 と -4χ

「書けました」「書けました」
「項は、さんはい」「項は 6 と -4χ、です」

指示5:

下3行あけて、次の式を書きます。

板書4   2χ+y-5

「はじめにスラッシュをいれます」

板書4’  2χ/+y/-5

発問5:

次に何をするのですか。

「項を書きます」
「項を書いてごらんなさい」

板書4’  2χ/+y/-5
      項は  2χ と y と -5 

「項は、さんはい」「項は 2χ と y と -5、です」

指示6:

この下3行あけて、次のことをノートに書きます。

板書5  a   /
      ― /-b
      3

発問6:

はじめに何をするのですか。

「スラッシュをいれます」

板書5’  a   /
      ― /-b
       3

「1つめは」「です」
「2つめは」「-bです」

板書5” a   /
      ― /-b
       3
           項は   a   /
                ― /-b
                 3

指示7:

この下3行あけて、問題1の(1)(2)をノートにして前にもってらっしゃい。

(2)だけを○つけをする。
できた生徒に黒板に式と答えを書くようにいう。
さらにできてしまった生徒には、(3)をするようにいう。
生徒が黒板に書き終えた頃に、もってくるのをやめる。

3.係数だけを学習する

板書3を使う。

指示8:

教科書P64の7行目を人差し指で押さえます。

「おとなりと確認」
「上の式6-4χで、文字をふくむ項-4χは、(-4)×χのように、数と文字の積の形である。
 このとき、-4をχの係数という。」

発問7:

6-4χの、χの係数はいくつですか。

「-4、です」

板書3’’ 6/-4χ
       項は 6, -4χ
       χの係数は -4

発問8:

2χ+y-5の、χの係数はいくつですか。

「2、です」「とっても簡単だよね。どうしてですか」「教科書に書いてあります」
「yの係数はいくつですか」「1、です」

板書4’’  例1 2χ+y-5
           項は  2χ, y, -5 
           χの係数は  2
            yの係数は  1

板書5を使って、例2も同様に係数を答える。
次に問題1の(1)(2)の係数を解いたら、もってくるようにいう。

2003JAPANセミナー数学分科会にて、代案をいただいたものを参考に再構成した指導案です。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド