TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/03/23 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8533127 更新:2013年08月11日

『モチモチの木』全発問・全指示Ⅲ(モチモチの木の絵を描く)


5.第5時 豆太が見たモチモチの木を絵に描く

 今までに音読を何回したかを聞く。既に10回以上読んだという児童が9人いた。10回未満の児童には,10回になるよう練習することを宿題とした。

発問1:

 豆太はモチモチの木の色々な姿を見ています。どんなモチモチの木を見ましたか。この紙に(上質紙を示す),太いマジックで(マジックを示す),豆太の見たモチモチの木を絵に描いてください。1枚に1つ描きます。1枚描き終わったら2枚目を取りに来てください。机の上を片付けます。教科書以外はしまいなさい。チャイムが鳴り終わるまでです。

 マジックが写らないように下敷き用の紙と,上質紙,マジック(黄,オレンジ以外の色の濃いもの)を配布する。
 「下書きをしてもいいの?」という質問が出たので,してもよいができるだけ速く描くように答えた。
 発問,指示を板書しておく。

《板書》 豆太の見たモチモチの木を絵にかく。
      一枚に一つ。
      太いマジックでかく。

 隣のクラスでは,モチモチの木の様子の書いてある部分について教科書に傍線を引かせてから絵を描かせたそうである。私は,子ども自身の力でどれだけ探すことができるか確かめてみたかったので,何も言わずに描かせることにした。
 多くの児童は,教科書の挿し絵に出ている「灯のついたモチモチの木」を描いていた。指示の意味が理解できていないようである。正しく理解していた児童の方が心配になったらしく,「豆太の見たモチモチの木を描くんだよね。」と私のところに確かめに来た。そこで,再度確認する。

 はい,ストップ。先生の言ったことがよく分かっていないようなので,もう1回言います。豆太は色々な姿のモチモチの木を見ていますよね。1種類だけではないはずです。豆太の見たモチモチの木を全部描いてください。では,始め。

 残り20分程のところで,中間発表させた。種類の見つからない児童に刺激を与えるためである。

 中間発表してもらいます。何種類見つかったかな。2種類見つかった人?(挙手をする。)3種類の人? 4種類? 5種類? 今のところ4種類が最高です。

 描いて見せに来た児童には,褒めことばを掛け,2枚目,3枚目と紙を渡した。
 チャイムが鳴ったので,描きたい児童だけ休み時間も描いて良いことにした。 

6.第6時 描いたモチモチの木を分類する

 前時に描かせたモチモチの木について発表させる。

指示1:

 どんなモチモチの木を描いたか発表してもらいます。同じ場面を書いた人は同じ種類としてまとめます。1枚しか描き終わらなかった人。では佐々木さん。その絵を持って来て。どんな場面のモチモチの木か言ってください。

 ・モチモチの木に灯が付いている場面です。

指示2:

 同じ場面のモチモチの木を描いた人は,同じ絵を持って立ってください。その絵を先生のところへ持って来ます。

 同じ種類の絵ということで重ねて黒板に貼る。

指示3:

 2枚描いた人で,別の絵の人。

 指名し発表させる。
 ・「お化けぇ。」って言っているところ。
 同じ種類の絵を集め,重ねる。
 全部で,12種類の絵が出された。

指示4:

 これだけたくさん出されたのだから,とても立派です。
 ところで,先生は,豆太が見たモチモチの木を描きなさいと言いました。この中には,「豆太が見たはずはない」「豆太が見たかどうかはわからない」というものがありそうです。これはおかしい,というものがあったら立って反対意見を言ってください。  

 ・風に揺れているモチモチの木に反対です。「風にゆれてるモチモチの木」なんてどこにも書いてないもん。
 ・豆太を抱えておしっこをしているモチモチの木に反対です。わけは,豆太を抱えておしっこをしているんだから見たとは限らない。
 ・葉をバサバサとやってるモチモチの木は変だと思います。葉をバサバサとやったのは「お化けぇ。」というところに入ると思います。
 ・秋のモチモチの木に反対です。わけは,時期が違って今は冬だからです。
 ・自分の意見なんだけと,かれたモチモチの木に反対。わけはまだ枯れてないから。

 自分の意見に反対できるなんて立派ですね。誰もいなくなったので外します。

 ・葉っぱがついているモチモチの木というのは,常識だと思います。
 ・自分の,風で揺れてるモチモチの木に反対です。S君が言ったように,風で揺れてるモチモチの木は教科書に載ってない。

説明1:

 そうだね。教科書に載ってないということは,見たかどうかはわからないということですね。これはU君の想像ですね。U君は想像力豊かですばらしいけど,この問題では合っていないということですね。これも外します。

 ・秋のモチモチの木に反対です。それは,教科書に載ってないからです。
 秋のモチモチの木に対する意見が続いたが,ここは反論が欲しいところである。

 先生は「秋のモチモチの木は違う」という意見は疑問なんだけどなぁ。

 しかし,すぐには出されなかった。
 ・ただのモチモチの木に反対です。豆太が見たことにならないから。

指示5:

 教科書を見て,モチモチの木について書いてあるところを全部線を引いていってごらん。線を引いていくとまたはっきり意見が分かるかもしれないから。

 ・さっき秋のモチモチの木に反対したけど,賛成に変えます。7ページに「秋になると」って書いてあるからです。
 ・秋のモチモチの木に反対です。わけは14ページの後ろから4行目に「この冬はじめての雪だ」と書いてあるから。
 ・Sさんの意見にちょっと反対です。わけは「秋になると」だから秋になった時のことじゃないから。
 ・秋のモチモチの木に反対です。さっきSさんが言ったのは「茶色いぴかぴか光った実をいっぱい落としてくれる」っていうのは,「実を落とすモチモチの木」と同じだからです。
 残り時間が7分になったので,残った絵について,教科書のどこに書かれているかを確認していくことにした。

指示6:

 秋のモチモチの木について書いてあるところを読んでください。

 「秋になると,茶色いぴかぴか光った実を,いっぱいふり落としてくれる。」

説明2:

 そうです。だから,秋のモチモチの木も見たことになります。ただ,秋のどんなモチモチの木を見たのか教科書に書いてありますね。だから,「秋のモチモチの木」だけでは不十分です。「実を落としてくれるモチモチの木」の方が正しいことになります。

 教科書に書かれていないものについては,想像力が豊かあることを褒めた上で,豆太が本当に見たとは言い切れないことを確認して外していく。
 「雪がふっているモチモチの木」についての根拠は,「とちゅうで,月が出ているのに,雪がふり始めた。」を挙げていた。しかし,ここにはモチモチの木は出てこない。そこで,医者様の言葉の中の「とちの木の後ろにちょうど月が出てきて,えだの間に星が光っていて,そこに雪がふっている」場面であれば正解であることを告げた。
 最終的に残ったものは,エ「小屋の前のでっかい木」,オ「かみの毛をバサバサ」,カ「お化けぇ。」,コ「実を落とす」,サ「灯のついた」,シの修正の絵である。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド