TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/21 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8508251 更新:2013年08月11日

『モチモチの木』全発問・全指示Ⅰ(初発の感想・登場人物)


1.第1時 範読・初発の感想

 どの教材でも毎回「初発の感想」を書かせているわけではない。むしろ私は感想を書かせないことの方が多い。ただこの教材は、現代の都会の子どもたちにはイメージしにくい部分も多いと考え、どの程度読み取れたかを知りたいという理由で書かせてみた。

指示1:

 先生が1回「モチモチの木」を読んでいきますから,どんなお話か考えながら聞いてください。(範読 9分)

指示2:

 簡単でいいです。半分でもいいです。このお話を読んで感じたことを書いてください。

 即座に「なかった人は?」と質問が出たので、 「 なかった人は『面白かった』とか1行くらいでもいいです。」と言って原稿用紙配布した。
 早く終わった児童のために,次の指示を板書しておく。

《板書》 終わった人は,きれいに半分におって出す。
     だまって読む練習をする。

 21分後。大方の児童が書き終えたので言う。

指示3:

 そこまででいいです。出してください。どうしても続きを書きたい人は,書き終わってから出してください。 

指示4:

 「モチモチの木」の題名の横に○を10個かきなさい。
 1回読むごとに塗り潰します。もう何回か読んだ人は塗っていいです。家で練習した分も塗っていいです。 

 回数を数えるのは、音読練習の励みとするためである。

 意味の分からない言葉について問う。7分。
 「せっちん」「きもすけ」「霜月」「うしみつ」「鼻ぢょうちん」「よいの口」「半道」「ねんねこばんてん」について,欄外の説明を見ながら確認した。

 残り3分で登場人物について問う。

発問1:

 ノートに題名を書きなさい。モチモチの木。
 登場人物。1行に1人ずつ書きなさい。何人いるか分かりません。

 書いているうちにチャイムが鳴ったので終了。

【初発の感想】

★豆太は,夜中に表へ出れないのは,べつにいいと思う。人それぞれだから,わたしもいなかが,外にトイレがあるころは,夜中行くのがこわかったから,豆太の気持ちもちょっとわかるような気がする。それに,半道もはだしで走ってふもとの村までいってのが,勇気がとってもあった。豆太のお父さんは,くまと組みうちして,頭をぶっかされて死んだほど,すごい勇気があるのに,豆太は,すごいおくびょうだから,そのところがふしぎだなと思った。とてもおもしろいようなおもしろくないようなお話だった。
★豆太は,おくびょうだと思った。でも,外のトイレはとても,ぶきみでこわそう。わたしのころの5才では,こわくていけないかも。でも,男子だから,そのぐらい,できないと,男子らしくない。豆太は,それをできなかったから,よわ虫で男子らしくない。でも女子はできないかもしれない。でも,豆太だって,そんなによわ虫じゃないよ。一人で夜の中,医者様を,よびにいったぐらいの人だもの。でも,夜の中,一人で医者様をよびにいったのに,一人でトイレにもいけないなんて。でも弱虫じゃないと思う。わたしは。
★どうして一人でトイレをいけないのかなと思って考えたら表にあるしモチモチの木がこわいからだと思いました。それにほんとうはきっと豆太はゆうきがあるんじゃないかと思いました。それにモチモチの木が灯がついてのをみて大人になったらきっとゆうきがある男の子になるといいなと思いました。それにわたしは,一人ではだしで医者様をよびに霜がかみついたけどはしっていってゆうきがあるなと思いました。
★ぼくは,モチモチの木を読んでこう思いました。豆太は五さいになってもじさまといっしょにせっちんにいかなきゃいけないというところが面白かったです。あと「やい,木ぃ,モチモチの木ぃ,実ぃ落とせぇ。」のところもおもしろかったです。豆太はおくびょうだけど,モチモチの木にさいそくしているところがとてもおもしろかったです。あと「ああ,いい夜だ。星に手がとどきそうだ。おく山じゃぁ,しかやくまめらが,鼻ぢょうちん出して,ねっこけてやがるべ。それ,シイーッのところがおか しかったです。
★豆太は,とても勇気のある子だと思います。なぜかというとじいさまがはらいたになったとき,豆太が,じさまを,助けてお医者様をよびにいこうとしねまきのまんま走っていって,足から血が出るほどいっしょうけんめい走って医者様をよびにいった。でも豆太は,自分が弱いと思ったのだろうか。
★わからないことばがあった。こみだしがついている。豆太はなんでモチモチの木ていう名をつけたのかな。
★いみがわからなかった,つまんなかった,長かった,とうじょうじんぶつがすくなかった,豆太はおくびょうで弱虫だ,じいちゃんは,こわそうなかおで,やさしい。じいちゃんのかみのけは,あたまのうしろしかない,豆太はこわがりだ,豆太は,木にへんな,なまえをつけた,医者はじいちゃんよりとしよりかもしれない,じいちゃんは,あやしそうなんであやしくない,へんな人しかでない。
★わたしは,モチモチの木の話がとても長くておもしろい話だなと思いました。わたしもモチモチの木に灯がついたのを見てみたいです。
★わたしも五つの時ぐらいに,こわいからよくおかあさんを起こして電気をつけてもらって,行ったことがあるからそんなにふしぎに思わなかった。
★モチモチの実を食べてみたいな,と思います。豆太がトイレに行けないのがおもしろいと思う。
★モチモチの木に出てくる豆太は,昼間は元気なのに夜中になると,「じさま,じさま。」と,弱虫みたいになっちゃうのかな。????
★豆太は,おじいさんがおなかがいたくなったときこわいモチモチの木をはしって医者をよびにいったのがとても勇気とやさしさのあるこどもだとおもいました。だけどおじいさんがおなかがなおったからまたおじいさんにあまえたところがおかしかった。
★わたしは,ふと思ったんだけど,豆太のお母さんは,どうしたんだろうと思いました。お父さんの話はきいたけれど,お母さんの話はかいていない。でも豆太のきもちは,わかるだってわたしだっておくびょうなんだよ。

2.第2時 音読練習・登場人物・①の場面(40分)

 家で音読練習をしてきたかどうかを尋ねてから指示する。

指示5:

 音読の練習をします。先生が読んだ後,続けて読んでください。ちょっと長いので,口をはっきり動かせばそんなに大きな声でなくてもいいです。

 追い読みをする。20分もかかってしまった。この後,更に音読練習をさせるつもりであったが時間がかかりすぎるのでやめることにした。

指示6:

 昨日書いてもらった登場人物を発表してもらいます。全員立ちます。端から一人ずつ登場人物を言ってもらいます。全部言われてしまったら座りなさい。

 端から発表させ,板書する。豆太,じさま,医者様の3人が出されたところで,全員が座ってしまった。昨日はモチモチの木と呟いている児童がいたので、「モチモチの木は違うのですか。理由は?」と問う。

 「人間じゃないから。」「人間みたいにしゃべっていないから。」の2種類の答えが返ってきたので,人間でなくても登場人物になる場合があること,しゃべっていなくても登場人物になる場合があること(既習事項)の説明をした。

 さらに、「豆太のお父さんは違うの?」と聞くと、「出てきていないから。」という理由で子どもたちは否定した。

指示7:

 「おくびょう豆太」のところだけ丸読みします。S君から。(2分)

発問2:

 今読んだ場面について考えます。
 じさまは豆太のことをどう思っていますか。考える時間3分間。

 問題文もノートに書き,枠で囲むことになっている。
 「書いた人,先生に見せに来て。」と促すと次々に見せに来るので,種類の違う答えを書いていた児童に板書させた。
    ①かわいそうでかわいかった。
    ②おくびょうだと思っている。
    ③かわいがっている。
    ④勇気のある子ども。
    ⑤豆太はおくびょうだ。
 「どこに書いてありましたか」と問い、どの文から判断したのかを聞く。

 発表させる。①,②,③,⑤はすぐ見つかったが,④は「おくびょう豆太」の場面では見つからない。この場面では違うということで消す。
 

発問3:

 本当にじさまは豆太のことをかわいそうでかわいいと思っているのですか。

 よく分からないようだったので,「かわいそうで,かわいかったからだろう。」という部分を2回読む。再度尋ねると,思っていないに多数手が挙がった。理由を尋ねると5名が挙手した。
 ・「かわいそうで,かわいかったからだろう。」だから,「かわいそうでかわいい」とは言っていない。

説明1:

 そうです。「だろう」だから,じさまが豆太のことをかわいそうでかわいいと思っているだろうと想像しているのですね。
 では,じさまが豆太のことをかわいそうでかわいいと思っているだろう,と考えているのは誰でしょう。ノートに書いて持って来て。

 正解は語り手である。一回で正解したのは4名であった。チャイムが鳴ったので終了にしたが,間違えた子どもたちは休み時間になっても何回もノートを見せに来た。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド