TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/20 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2320528 更新:2013年08月12日

全道大会出場を果たした仲間を称える語り


昨日、北海道硬式卓球選手権大会の根室地区予選が行われました。
中体連地区大会に続き、男子卓球部が大活躍しました。中体連では3年生の活躍で団体戦優勝、個人戦でも1位~3位を独占する完全優勝を果たしました。
昨日の大会は年齢別の大会で、カデットの部(14歳)に出場した2年生が先輩に続いて大活躍しました。
個人戦では雄一君が優勝し、省也君が準優勝、智和君が6位入賞を果たしました。ダブルス戦では雄一君と和行君のペアが優勝、省也君と徹君が準優勝に輝きました。女子の部でも、理恵さんが準優勝。上位入賞者は、9月に旭川市で行われる全道大会に出場します。
全道大会は、出場するだけでもたくさんの経験が出来ます。

どの選手も厳しい予選を勝ち抜いて出場します。地区代表としての「誇り」を胸に闘います。どの選手も優勝を目指して試合に臨みます。地区大会とは全く違うプレッシャーとも闘わなければなりません。弱気になって引いてしまうと一気に押し込まれてしまい、手も足もでないままに試合が終わってしまいます。こうしたギリギリの緊張感を経験できることが、1番大きな収穫です。卓球部の更なる成長が望めそうですね。楽しみです。

現在、各部の父母会を中心に寄付活動が行われています。
部活動を指導する者として、頭が下がります。
部活動は、やはり保護者の方の協力がなければうまくすすめることは出来ません。部活動にかかわる道具をそろえるにしても、かなりの出費になります。練習試合に出かけるにしても、公共交通機関が十分ではない別海では保護者の方の車を利用するしかありません。こうした1つ1つが、部の成長を支えています。
ご協力に、心から感謝申し上げます。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド