TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/23 現在)

21535
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1214031 更新:2013年08月09日

跳び箱運動抱え込み跳び


テクニカルポイント

腕で支持して突き放す
膝の引きつけと、手の突き放し
       ↓
この感覚を体感させる。
       ↓
そのためにどうすればいいのか
       ↓
うさぎ跳びができれば、抱え込みとびはできる。

レベル1 トン・パッのリズムで正しくうさぎ跳びができる
レベル2 10メートルをうさぎ跳びで何とか進める
レベル3 10メートルをうさぎ跳びで12回以内で進める
レベル4 10メートルをうさぎ跳びで10回以内で進める
レベル5 10メートルをうさぎ跳びで9回以内で進める
レベル6 10メートルをうさぎ跳びで8回以内で進める
レベル7 10メートルをうさぎ跳びで7回以内で進める
レベル8 10メートルをうさぎ跳びで6回以内で進める

●レベル6まで達すれば、横の跳び箱を抱え込みで跳ぶことができる。
●レベル8まで達すれば、縦の跳び箱を抱え込みで跳ぶことができる。
Usagitobi

指導手順

1.正しいうさぎ跳びを示す。
  ・空中に体が浮く。
  ・手をついた瞬間、足は床についていない。
  ・手を突き放した後に、もう一度体全体が浮く。
  ・着地した足が、手をついたところよりも前に出ている。

2.個別に評価する。
  ・3-4人ずつ行わせ、正しいうさぎ跳びになっているか一人一人を評価し、声をかける。
  ・できない子には、恐怖心を和らげるため、マットの上で練習させる。
  ・できる子には、評定を行う。つまり、点数をつけていく。5点で合格とし、最初は1点2点とする。
   できていると思って、いいかげんなフォームになりがちな子も、合格点目指して、美しいフォームになる。  

3.連続したうさぎ跳びを行う(床やマットの上で)
  ・とりあえず目標は、10メートルを10回でいけること。

4.3回ほど助走してうさぎ跳びをし、跳び箱横1段を、うさぎ跳びの要領で跳びこす。
  ・マットの横幅を(90センチメートルぐらい)跳ぶのもよい。

5.4の方法で、跳び箱を横2段にする。
  ・マットの上に跳び箱を置くとよい。

6.一歩の助走と、両足踏切で5の跳び箱を跳ぶ。
  ・踏み切りのタイミングをつかめさせる。
  ・子供が躓いたら、もう一度前のステップに戻らせるとよい。

7.踏み切り板をおき、横3段に挑戦させる。

8.より安全で、美しい抱え込みとびに挑戦させる。
  ・法則化体育代表根本正雄氏の有名な発問
   「飛び越すとき、目はどこを見たらよいですか。」は、効果的である。
   実際に飛んで確かめさせる。

9.自分の挑戦したい場所で練習させる。
  ・4段の横→5段の横→6段の横
  ・4段の縦→5段の縦→6段の縦


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド