TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/21 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4153985 更新:2013年08月08日

講師」最初の3時間」3時間目生活科 アサガオの種まき


3・4時間目「生活」(隣のクラスと合同)
アサガオの鉢作りと種まきをする。そのために、校舎の裏に2クラス集合した。
隣のクラスの先生の説明と指示で行った。
私はこの日の手順を、子どもと同様、初めて聞く立場にあった。
「アサガオの種セット」も、開けて見るのは初めてだった。
朝の打ち合わせで、「赴任そうそうバタバタするから、明日にしようか?」といってくださった。
しかし、明日晴れるとは限らない。どうせバタバタしているのなら、ついでにやってしまおうと思った。その方が、気が楽になる。

そろっていたもの

1.「アサガオの種セット」(種・追肥・元肥)
2.プラスチック製鉢
3.栽培土(1人1袋)

手順

1.小石を鉢の底に敷き詰める。
2.土を半分入れる。
3.肥料(元肥)を入れる。
4.残りの土を入れる。
5.種をまく。
6.鉢に水をかける。

「石を1列に並べます」といわれ、鉢の底一面ではなく、本当に1本の列に石を並べたて持ってきた子がいた。

特に1年生への指示は、「揺らいではいけない」ということがよくわかった。

2クラス、80人が一度にやるわけなので、小石もそんなになく、かなり時間がかかった。
4時間目を早めに切り上げて、給食の準備をする。

1年生は、準備も移動も全てのことにおいて時間がかかる。
それで、全て早め早めに次の時間の準備をさせるのだとわかった。

しかし、「終わりのチャイム」の意味がなくなるが、これでいいのだろうか。課題が残った。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド