TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/03/23 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9326269 更新:2013年08月07日

いろいろな学年・学級の子どもたちを、大声や笛を多用しなくても指導できます。(TOSS豊橋:推薦)


いろいろな学年・学級の子どもたちを、大声や笛を多用しなくても指導できます。

入水の仕方、泳ぐ練習の仕方など、教師によって指導の順序や方法が異なることは、珍しくない。
さまざまな形態の指導を受けた子たちが、開放感あふれる夏休みに集まれば、指示が通らないことも多々ある。
そんななかで、あまり教師が声を出さず、笛を吹き鳴らすことなく、指導するよう努めた。最初の指示が肝心だった。
ただし、プールの形状が特殊であるため、本来の向山型水泳指導は実施できず、プールに合わせた指導となった。
(縦25メートルの深いプール「大プール」と浅いプール「小プール」が、柵で仕切られている。プールの横を使うと、向こう岸に上がることができない。)

_____
<実施例>

子どもたちが、プールサイドに集まる。1年生にも分かる指示をださないといけない。

指示1:

前の列の人、立ちます。先生の言う通りにします。

「前列」と言うと、低学年に通じないため、易しい言葉を使う。

指示2:

後ろを向きます。まわれ右。(ピッ・・・笛の音)

入水指導を事前に行えないため、その場で逐一指示を出す。

指示3:

右足を入れます。(ピッ)

まだ指示していないのに、左足を入れた子がいたら、「右足だけです」と言う。左足を出して右足だけになったら、次の指示を出す。

指示4:

左足を入れます。(ピッ)

「後列」の子は、どういう手順でするのかじっと見ている。

指示5:

先生を見ます。(ピッ)

子どもたちは注目する。
指示の後に笛を鳴らしている。
次に、水慣れをする。
多くの学級で、最初に水慣れしてきたので、そこは向山型でなくても合わせておく。

指示6:

手を胸にあて、しゃがむ動作をする。(ピッ)
手を首にあて、しゃがむ動作をする。(ピッ)
手を目にあて、しゃがむ動作をする。(ピッ)
手を頭の上にし、しゃがむ動作をする。(ピッ)

各担任と指示の仕方は違うだろうが、ジェスチャーで見せると、ほとんどの子が理解することができた。
何をすればいいのか分からない子は、周りの子を見てまねしている。

指示7:

走っていきます。向こう側で、待っています。(ピッ)

向こう側は、大プールとの境の柵になっているため、一度止める。タッチしないで引き返す子がいると、次の指示を聞かなくなるため。

指示8:

戻ったら、あがらず待っています。(元いたほうへ行くよう、手で合図)(ピッ)

他の先生は、通常、1回ごとに後列と交代するようだ。交代の時間がもったいないので、「前列」が入ったまま続ける。
「後列」の子たちは、次に自分の番なので、じっと見続けている。

指示9:

イルカ(動作を見せる)(ピッ)

子どもたちは、柵のところで待っている。まだ着いていない子が数人いる状態で、次の指示を出す。

指示10:

(元いたほうへ行くよう、手で合図)(ピッ)

指示11:

ここまでくると、「先生が指示を出す」→「笛の合図で出発する」→「次の指示まで待つ」という流れを子どもは分かっている。

指示12:

バタ足(ピッ)
(元いたほうへ行くよう、手で合図)(ピッ)
上がります。交代。

「後列」の子たちにも、指示2から指示17を繰り返す。

全員が終わった段階で、プールサイド横から、縦のほうに移動する。
学年別に並べ替える。(25メートル泳げる3年生は、大プールに移動する。)
「小プール」の子たちが全員がそろったら、座らせて話をする。

説明1:

今から、コース別に泳ぎます。
1.後ろ向きで入ります。プールに飛び込みはしません。
2.途中でたっても、向こうまで泳いでいきます。
3.前の人が、赤い線をこえたら、次の人、泳いでいいです。
4.プールサイドは走りません。

約束が多すぎるが、一度始まると全員がそろうときがないため、一度に言っておく。「○番目」と言うと、子どもも覚えやすい。

指示13:

ついて言います。
1.後ろ向きで入ります。
2.プールサイドを走りません。

特に気をつけてほしい注意点2つを復唱させる。
耳からも情報が入ってくる。
また、知らない先生の前でかっこう悪くはできないため、ちゃんと守ろうとしっかり復唱している。

指示14:

スタート。次の人入りなさい。

1.3年生1人、プールに入れる。3年生、2人目が入る。
2.3年生がどんどん泳いでいく状態で、2年生を入れていく。
3.最後に1年生を入れる。

<応用>

大きい学年の子がやるのを見せて、分からせたうえで、2年、1年と泳がせていくと、低学年の子たちもどうすればいいのかがよくわかる。
どんどん25メートル泳がせる。
終了の時間がきたら、順にシャワーを浴びさせて終わる。 

《先行実践》 向山型プール指導


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド