TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/09/26 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5217969 更新:2013年08月07日

【長谷川博之氏実践の追試】できるようになったこと指名なし発表


【長谷川博之氏実践の追試】できるようになったこと指名なし発表

長谷川学級では、7月、12月、3月に「できるようになったこと指名なし発表」をするという。
本年度になって自分たちができるようになったこと、成長したことを只管、指名なしで発表し続けるのだ。指名なし発表で、お互いに成長を認め合うことで、子供たちの自己肯定感を高めていく。
原実践では、夏休み前の7月に最初の実践を行う。しかし、この授業では年明けの1月に初めて実践した。

1.発表の準備

指示1:

「この10ヶ月で、クラスや自分が、変わったこと・成長したこと」をノートに箇条書きでできるだけたくさん書きなさい。
時間は5分です。

指名なし発表を次々とさせていくためには、まず、発表することをノートに書かせるのである。
紙に何も書いていない状態での臨機応変の発表を要求すると発表できる児童が限られてしまい、全員の達成感にはならない。
必ず、発表内容を書かせる。

最初、どう書いたらよいか分からない児童がいたので、
この年は、それまで取り組んできた
ア、デイサービスでのお年寄りとの交流
イ、地域の方々とのふれあいコンサート
ウ、連合学芸会
エ、特別支援学校との交流会
オ、1/2成人式
についても書くように話すと、スラスラと書けるようになった。

2.指名なし発表の趣意説明

この授業の趣意説明をした。
この内容は、そのクラスに合ったものを教師がしていけばいい。

説明1:

この学習のねらいは、君たちが君たち自身のがんばりを心から褒めることだ。
君たちは今まで、いろんな人から『お前たちは!』とか、3年生の時には『また3年生は!』、4年生になって『4年生は!』とか言われてきたよね。でもね、外から見ている人たちというのは、どうしても君たちがたまたま悪いことをしてしまった時しか見ることができないので、そう見られてしまうことが多い。
でも、先生や君たち自身は、この○年□組の仲間のよいところもよく知っているはずだ。だから、この学習では、そうじゃない。4月に比べてこれだけ成長したのだというところを、思いっきりアピールして欲しい。本当の君たちの姿をたくさん伝えて欲しい。

3.できるようになったこと指名なし発表

「この10ヶ月で、クラスや自分が成長したこと」を只管子どもたちが発表し続ける。
ビデオにも撮った。
驚いたのは、本当にずっと途絶えずに発表が続いたことだ。クラス全員が発表した。
ただ淡々と発表が続いているだけなのに、時に爆笑が起き、時にしんみりとする。
最後には、まるで今日がお別れの日のように、教室がしっとりとした。

4.発表後の語り

教師として、クラスの子供たちの4月からの成長を心から褒めてやる。
この時には、次のように話した。

説明2:

みんなが、これだけたくさん、自分たちの変わったことをずうっと連続して、とってもいい笑顔で言っている姿を見て、胸が熱くなりました。今だから言えるんだけどね、君たちが4月に出会った時、先生は正直に言って、このクラスで君たちと1年間やっていくのがとても心配に感じたこともあった。
(この後は、4月当初の姿を具体的に描写した。)

説明3:

でもね(真顔になって)、そんな君たちだったのが、
「給食当番の仕事をきちんとできるようになった。」
「人のために何かしたいって考えられるようになった。」
「キモい、ウザい、死ねって言わなくなった。」
「地域の人に喜んでもらいたくて一生懸命練習した。」
「係の仕事を毎日やった。」
「『利他』の行動ができるようになった(爆笑)。」
(上記はすべて指名なしで子どもたちから出てきた言葉)

すごいな!!
本当の君たちは、そういう子どもたちなんだよ!
そういう本来の君たちが、見えるようになってきたんだな!
そして、君たちがもっている本当のよさが、出てきたんだ!
今日のことは、先生は周りの人たちに胸を張って伝えてくるよ。
だから、みんなも、これから益々生活の質を上げていってほしい。
当番、係の仕事を今まで以上にやってごらん。
2月には、1/2成人式もあります。最後に、自分たちの保護者に思いっきり感謝の気持ちを伝えられるように準備していこうね。

子供たちは、「はい!」と返事をしていた。

【授業後の効果】

1.保護者の感想

たまたま参観なさっていた保護者から次のコメントをいただいた。

みんなが一番変わったのは、人の話を聞く時の姿勢です。先生の話を聞く姿勢が、本当によくなったと思います。
今までも、とてもいいクラスになったけど、これから3か月間もっともっといいクラスになっていくと思うから、がんばってね。

帰り際には「先生、すごくいいものを見せていただきました。ありがとうございます!」とお礼まで言っていただいた。

2.子供たちの変容

 子供たちの様子を見ると、まるで、今日がお別れの日のようなしっとりとした雰囲気になっていた。
 この後、3月まで、日頃から、「このクラス、変わりたくない。」とまで、言うようになった。
 また、休み時間も、専科の授業でも子供たちのトラブルもまったくなく、休み明けのダラけた雰囲気もなくなり給食当番の仕事も早く終えることができた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド