TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/23 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4366973 更新:2013年08月04日

ポーランド人孤児救出


かつてポーランドの民は,近隣諸国に国土を奪われた。

抵抗運動をした者は,シベリアに流され,
過酷な環境の中で,多くの子供が親を失う。

「子供だけでも生かして祖国へ帰したい」
その悲願は,欧米諸国に拒絶された。

この救出に起ち上がったのが大正の日本である。

帝国軍人を含む多くの日本人がシベリアの奥深くまで入り,
ポーランド人孤児を抱きかかえるように救出した。

(授業ではwebワークを使う)

指示1:

(画像「食事をする孤児たち」投影)
この写真を見て,分かったこと,気付いたこと,思ったことをノートに書きなさい。(板書させる)

発問1:

何年くらい前の写真でしょうか。(およそ90年前:大正9年(1920))

発問2:

どこの国で撮った写真でしょうか。 (日本:東京の日本赤十字社)

発問3:

どこの国の子供でしょうか。

指示2:

ポーランドです。地図帳で探してごらんなさい。

発問4:

ポーランドの子供が日本に居たのは,何故でしょうか?予想をノートに書いてごらんなさい。

説明1:

ポーランドは,周りの3つの国(ロシア・オーストリア・ドイツ)に国土が奪われました。
これに抵抗する人は捕まり,シベリアに送られました。
10万人以上のポーランド人がシベリアに送られたといわれています。
そこでは,親を亡くす孤児がたくさん出ました。
せめて子供だけでも祖国へ送り届けたいという人達が集まりました。
代表は,アンナ・ビェルケビッチさんです。
アンナさんは,アメリカやヨーロッパの国々に子供達を救ってくれるようお願いしましたが,ことごとく断られました。
最後に,日本に来ました。その時のお願いの文の一部です。

指示3:

読んで下さい。(指名)

「われわれは祖国から離れ離れになり,いまだ何の助けも得られません。
このまま冬が来ると,子供達の命が奪われることは明らかです。
子供を花のように愛する日本が,彼らの命を戦争の不幸から救ってくださるよう,私は切に願っています。

説明2:

このようにして,日本がポーランドの子供達を救うことになったのです。

発問5:

合計何人くらいの子が日本にやって来たと思いますか。(765名 平均年齢5歳)

発問6:

おもちゃやお菓子,服などを持ち寄る人々,お金の寄付を申し出る人は,日本中から後を絶ちませんでした。
中には自分の技術を生かして子供達を喜ばせようとする人も大勢訪れました。
どんな人が訪れたと思いますか。(列指名)

説明3:

無料で歯の治療をしようという歯医者さん,髪を整えようという床屋さん,演奏会を開こうという学生音楽会,お楽しみ会に招待しようという慈善協会 …などです。

説明4:

皇后陛下も,子供達と親しく接しました。後に,一人はこう語っています。

指示4:

読んで下さい。(指名)

どんなに優しくされても心細くてたまらなかった時,貞明皇后に抱きしめてもらったことが今でも忘れられない

発問7:

中には,重病の子,もはや手遅れと思われる子も居ました。
子供達の何人くらいが生きてポーランドに帰ったでしょうか。

発問8:

765名全員です。しかし,関係者でたった一人亡くなった方が居ました。
ある役割を果たした人です。どんな役割の人が亡くなったと思いますか。ノートに書いてごらんなさい。

説明5:

看護婦さんです。松澤フミさん。
子供達の中に,重い伝染病(腸チフス)でもう手遅れと思われた小さな女の子が居ました。
その子が不憫でたまらず,「死を待つほかないのなら,せめて自分の胸で死なせてやりたい」と毎晩ベッドで添い寝したそうです。
女の子は奇跡的に助かりましたが,看護婦さんはその伝染病で亡くなりました。
(23歳でした。松澤フミさんは,新潟県出身だそうです。)

説明6:

祖国ポーランドへ向けて出発する際,子供達は,お世話になった人達との別れを悲しみ,乗船することを泣いて嫌がったそうです。

説明7:

それからおよそ80年後の平成14年,今上陛下,皇后陛下はポーランドを訪れ,孤児だった人達にお会いになられました。
そのうちの一人,アントニーナ・リロさんは既に85歳になっていて,美智子皇后陛下の手をずっと握り締めていたそうです。

発問9:

皇后陛下の手をずっと握り締めたのは,あることを思い出したからです。
何を思い出したのでしょうか。

説明8:

80年前の,かすかに覚えている貞明皇后の手の感触を思い出したのです。
時間が止まったかのように感じられたそうです。
リロさんはその後,次の言葉を遺して90歳の生涯を閉じました。

「日本は天国のようなところだった」

説明9:

阪神淡路大震災。多くの孤児が出ました。
ポーランドは何十人もの孤児を招待しました。
真中に写っているのが,リロさんです。
東日本大震災でも,ポーランドは被災者の支援に乗り出しています。

指示5:

今日のお勉強の感想をノートにまとめておきなさい。

授業用Webワークご希望の方へ
WEBワークご希望の方は,次の形式で本文を記入し, 小林 までメールをお願いします。
メールの件名【授業webワーク】
1 Webワークご希望の授業名
2 お名前
3 お電話番号
4 ご勤務先
5 メールアドレス
6 所属しているTOSSサークル,または参加しているTOSS関連ML
  (サークルやMLに参加されていない場合は,「サークル・ML不参加」とご記入ください。)
①データは,【宅ふぁいる便】で送ります。無償です。
②件名に【宅ふぁいる便】と記したメールが届きます。
③メールに記されている要領に従ってファイルをダウンロードして下さい。
④【宅ふぁいる便】を迷惑メールと間違えて削除してしまう方がよくいらっしゃいます。ご注意下さい。
⑤受け取り期間が限られています(メール受信後3日間)。早めのダウンロードをお勧め致します。
 (データ容量及び通信速度によっては,受信に数分かかることもあります)
※このWebワークは著作権の関係上,学校の教室内での使用にとどめて下さい。
※このWebワーク上にある画像の複写使用や二次配布等はご遠慮下さい。
※このWebワークを使用してのトラブルについて,作成者(小林)としては責任を負いません。ご了承下さい。
尚,Webワーク使用には無償のマクロメディアのフラッシュプレイヤー(無料)が必要です。
         ↓
http://www.adobe.com/shockwave/download/index.cgi?Lang=Japanese&P5_Language=Japanese&P1_Prod_Version=ShockwaveFlash&Lang=Japanese

〈参考資料〉
◆『人道の港 敦賀ムゼウム』
◆占部賢志『大正日本とポーランド』〈産経新聞 平成23年8月20日〉
◆伊勢雅臣『大和心とポーランド魂』〈国際派日本人養成講座〉
◆兵藤長雄『善意の架け橋 ポーランド魂とやまと心』(文藝春秋)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド