TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/01/20 現在)

21456
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1111023 更新:2013年08月02日

たけのこぐんの授業記録


低学年が喜ぶ音読の方法を紹介

低学年の国語で大切なのは、くり返しくり返し音読することです。

「暗記するくらいに音読する。」

これは低学年だけでなく、実は高学年でも大切な勉強方法です。

 以下、「たけのこぐん」の授業の様子です。 

①黒板に「たけのこぐん」の全文を書きました。

発問1:

②「大きな声で、読んでみましょう。」

説明1:

③「みんな、すごく上手だね!先生びっくりしました。

  じゃあね、ちょっと難しくなるよ。」

「たけのこ」と「あたま」を消しました。

発問2:

④「少し消えちゃったけど、読めるかな?」

みんな「読める、読める!」と喜んでいます。実際、消した箇所も上手に読めました。

説明2:

 ⑤「みんなすごく上手だから、もう少し消してみるね。」と言って、更に「せのび」と「つゆ」を消しました。
 

指示1:

「読めるかな?」

「読める、読める」と、すごく自信があるようです。

 ⑥これも読めました。
  「黒板の字を全部消しちゃったけど、読めるかな?」「読める読める!」とすごい勢いです。

 ⑦最後には、何もない黒板を見ながら、大きな声で読むことができました。

  一番最初よりずっと大きくて、はっきりとした声です。
 

 変化を付けてくり返し読むうちに、その場で暗記してしまった子もいました。
 

 その後の授業で、暗唱テストを行いました。

 先に合格した7人の子を審査員にして、前に立たせました。

  どんどん消していき、最後には全部消しちゃいました。

指示2:

 「いまから審査員さんにテストをしてもらいますよ。

  どの審査員さんの所へ行ってもいいですから、テストしてもらいなさい。

  審査員さんは、一字でも違っていたら合格にしてはいけませんよ。」

 現在、挑戦中です。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド